MENU TEL

足湯無し

2022.05.15 | Category: 院長ブログ

以前伝えましたけどシン・ゼンカイドウには足湯が無いんですよ。「え~っ」と残念な声の多さに驚きます。特に若い女性が声を上げたので他の治療院の先生方は参考にすると良いと思いますが、女性たちは職場で一年中冷えきっています。冬は当然ですけど夏の冷房で女性にとっては室温が低く過ぎるのです。その女性たちにとって「足湯」は救いの神のような存在とのこと。また全快堂では足の上に電気治療しながらマッサージ機を載せているので足湯で温まった末梢血液が全身を巡りますから上着や暖房では温まらなかった冷えきった身体が短時間でポカポカしてくるので好評でした。また女性たちに好評だったのは足湯をする前に「足を洗う」ことが良かったようです。一日中ストッキングでヒールを履いていると生足を出すのは勇気が必要と聞きました。本当に申し訳ないですけど足に関して今後は「並み(足湯無し)」の治療院になりますが許して下さい。今では炎上してしまいますけど昔から「女・子供」という表現は「それほど優しいから安全」という喩えに使われてきました。女性患者が増えれば必ず男性が増えます。何故なら何度も投稿しましたけど本当に「男は痛みに弱い」「男はビビり」ですから女性や子供たちが出入りする治療院なら「痛くないだろう」「先生も恐くないだろう」と初めの一歩が出易くなり結果として患者数の増加になるのです。女性患者様の為にも経営面にも優しい足湯は非常に強力なアイテムですので取り入れるといいかも(でも、ごめんなさい)。

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三