MENU TEL

Blog記事一覧 > 院長ブログ > バタフライ

バタフライ

2016.05.27 | Category: 院長ブログ

水泳でバタフライを綺麗に泳げる人は少ないですが勿論練習すれば泳げるようになります。と、言いたいですけど毎日繰返し練習しても残念ながら綺麗に泳げるようにならない人もいます。それは生まれつき肩関節の動きが悪い人がいるからです。クロールも背泳ぎもローリングといって左右に軸回転すれば肩関節の動きの悪さをカバー出来るのでバタフライさえやらなければ泳ぐのに問題はありません。しかしバタフライは誤魔化せません。患者様で『肩関節の炎症』で来院された方がスイミングスクールでバタフライを沢山泳いだ翌日から酷い痛みで『腕が動かせない』と。よく調べて診ると肩関節の筋膜同士が密着していたのが原因でした。でもその密着は昨日今日に発症したのでは無く生まれつきが原因だったのです。にも関わらずバタフライを泳いだ為に本来の肩関節の動きが出来ず痛みを発症してしまいました。そこで筋膜を剥がして泳ぐと今迄より美しい無理のないバタフライが出来るようになりました。無理のないバタフライは水飛沫(しぶき)が上がらず波も大きく起きない泳ぎ方です。もし貴方が水飛沫の中で溺れかけの人のようなバタフライをしているのであれば肩関節の筋膜が癒着している可能性が有ります。泳ぎ方の練習よりも治療する方が美しい泳ぎ方をマスターする近道かも知れません。でも肩関節の筋膜の密着は案外ポピュラーでボール投げが下手な人や野球で肩を痛めた人(どこぞのストッパーは本人がアホなのかコーチ陣がアホなのか結局出てこない。典型的な密着型を治せば昇龍になるのに。あっ言っちゃった)、肩凝りの酷い人等の殆どが該当します。でも安心して下さい(履いてますよって時代遅れかよ)。全快堂の患者様には全員チェックして治療していますから(『残念』って時代遅れPart2)。肩関節を痛めて五十肩になる前に正しい治療をしましょう。

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三