MENU TEL

Blog記事一覧 > 院長ブログ > パラリンピック2

パラリンピック2

2016.09.10 | Category: 院長ブログ

パラリンピックの話題をすれば障害者の事を書かなければ前に進めないですが、この『障害者』って言葉が大嫌いです。発言した瞬間から『私は健常者』って上から目線が発生しているように感じます。またその『健常者』っていうのも大嫌い。完全な人なんて存在しないのに健常者って何?ブラックマヨネーズの吉田氏ならきっと『どうかしてるぜ~!』って言うだろう。以前投稿しましたけど精神的な障害者だって現在では沢山いる訳で見た目に分からないだけです。また外見的には分からないけど内臓疾患の人もいます。若者が優先席に座っていて注意されると透析患者だったり妊娠していたり聴覚障害者だったり、たまたま気分が悪かったり。何が訴えたいかと言えば、障害者だとか健常者だとかは今回のパラリンピックのように区別が必要な時も有るから仕方ないです。しかし『誰が障害者か分からない現代は誰にも優しく接する。また誰もが障害者になる可能性がある。そして障害になりうるであろう行為をしない。例えば点字ブロックの上に立たない。物を置かない(自転車等)』。障害者だとかの言葉が無くなるくらい全く意識しないで自然に行動出来る世の中が理想ですよね。確かに夢物語。でも一歩が必要。

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三