MENU TEL

血栓症3

2016.10.20 | Category: 院長ブログ

血栓症は水分不足、食生活の乱れ、睡眠不足を含むストレスで発症する事は知られていますが経口避妊薬の服用で発症し易くなるので『えっこんな若い女性が脳梗塞?』なんて事が有ります。その他に歯肉炎、歯周病や慢性炎症、糖尿病、喫煙、過度の飲酒が有ると、やはり発症し易くなります。と、なりますと『私は太って無いから』とか『血液に異常が無いから』と安心している場合では有りません。ですから脳梗塞と急性心筋梗塞の初期症状は知っておく事が生死を分けるかも知れません。脳梗塞は『FAST』が有名です。『(F)フェイスは片側の顔が動かなくなる、片側の閉眼出来ない、口から水が溢れてしまう(A)アームは片側の腕のシビレ、麻痺(S)スピークは呂列が回らない、上手く喋れない(T)タイムは一刻も早く救急車』です。タイムはもう1つ有り倒れた時間を覚えておいて救急隊員に教えて下さい(分からなかったら発見した時点の時間)。発症から4時間30分以内ですと特効薬(t-PA)が有りますから時間との勝負です。心筋梗塞は『20分以上続く安静時の胸痛(ズキンズキン、チクチク、圧迫感、絞約感等)、労作時痛、動くと症状が悪化、冷や汗、嘔吐、背中や顎や奥歯や胃周辺の痛み、失神等』の症状が有ります。上記の症状が強い人、弱い人が有りますし、1つだけの人、複数の人と個人差が有りますので『気のせい』で片付け無いで周囲の人に知らせて下さい。脳卒中(くも膜下出血、脳内出血を含む)の3分の1は寝たきり、4分の1は認知症に移行するという統計が有りますので万が一、家族が倒れたら『肩を叩いて意識が無かったら頸動脈を触って(治療の時に教えます)拍動が無かったら救急車を呼ぶ。そして直ぐ心臓マッサージ(1分120回)をする(その時に時間を見る)』。(つづく)

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三