MENU TEL

Blog記事一覧 > 院長ブログ > アスペルガー症候群

アスペルガー症候群

2016.11.08 | Category: 院長ブログ

最近よく耳にする病名です。昔は分からなかった病状が医学の進歩により解明され『気の持ちよう』と理解されなかったものが画像診断されたり病名が細分化されて来ました。結果として昔は『周囲とのコミュニケーションが下手だなぁ』と終わってた人が実はアスペルガー症候群と診断される事が多くなってきました。周囲も病名が広まると理解してくれるようになり人間関係がスムーズに運ぶようになりつつ有ります。しかし不況が長期間続くと企業側も細やかな対応が出来ず、特に中小企業に於ては『いちいち構っていられない』と、何の対応もしなくなってしまいます。いじめが問題になって長いですがコミュニケーション能力が不足して『いじめ』に発展している中にはアスペルガー症候群が隠れているかも知れません。自分達の子供やパートナーがもしも気になったら一度相談してみては如何でしょうか。早めの対応が良い結果に繋がるかも知れません。しかしデリケートな問題ですので、くれぐれも慎重に。そして国や県、市町村や学校も『いじめを無くそう!』のスローガンだけでなく積極的なアクションを起こすべきではないでしょうか?

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三