MENU TEL

Blog記事一覧 > 院長ブログ > グランパスに喝!

グランパスに喝!

2016.11.06 | Category: 院長ブログ

お前もかよ!とうとうグランパスがJ2に降格しました。降格を決定させた対戦チームの川崎フロンターレじゃなく『名古屋グランパスアホンターレ』に名称変更したら?中日ド『ベ』ゴンズが最下位だと思っていたらグランパスまでもがJ2に降格とはこの地域のスポーツファンは勝利に飢えています。以前のブログで『チーム名にエイトが入っているから万年8位なんだ』と外したらズルズル下降と書きました。8位でもいいから1部に残留して欲しかった。グランパスはトヨタの資金力でスポーツ医科学研究所や素晴らしい施設やスタッフに恵まれていたと思いますが以前から理論優先の机上の空論的な感じがすると疑問に思っていました。サッカーでも野球でも成績が悪いと直ぐ『監督を交代させる』となります。確かに高校野球は『監督の力』が9割と思います。しかしプロとなれば監督だけで組織が運営されているのではありませんから監督交代は違和感を感じます。また多くのスタッフが選手と親密に行動して選手のコンディションを見て練習メニューを考えて練習、実戦となります。監督だけの責任ではないのです。昔から野球の話をツマミに呑んでるオヤジ達が『あいつの使い方が悪い』『俺が監督なら』と監督気分で騒いでいました。ファンは負ければ皆が起用法や作戦の批判をしてきたのです。そんな進歩の無い飲み屋に居るオヤジ達と一緒の日本のスポーツ界は多少の違いは有るものの結局は監督の首の据え代えで今回も終了。『野球は違う。一軍も二軍も監督、コーチも代わる』と言っても変わらないと駄目な所が変わらないと。何処ぞの野球チームは『老害』と言われていますが組織改革は膿を出しきらなければ駄目なんです。ナゴヤドームの観客動員数は下降する一方です。『不景気だから』とか『色々なスポーツが出来たから』と言い訳する暇が有ったら自分達の身を切る改革をするべきです。観客動員数が多いチームは野球でもサッカーでも有るんですから。グランパスだけは違うと信じていましたが残念というか、キツい言い方をすれば『結局それで終わらせるようなチームだから降格したんだ』となります。組織全体の改革、見直しをこの際しっかりやるべきだと思います。本当のファンは冷静に状況を判断して嫌われてもキツい事も正直に伝える事が出来る人と考えています。今グランパスに必要なのは松本山雅のように一致団結する事です。頑張れグランパス!

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三