MENU TEL

Blog記事一覧 > 院長ブログ > 無駄を省く

無駄を省く

2016.11.30 | Category: 院長ブログ

『Eテレ』で初めて桝野俊明氏(禅僧、庭園デザイナー)を知りました。話を聞いていて全快堂治療との共通点を勝手に多く感じました。庭園を設計すると『これを置きたい』『これを植えたい』と付け加えてしまいそうです。しかし日本庭園に関して言えば究極の美は現代でも多くの人々を魅了する『枯山水』に代表される無駄を省く考え方です。削ぎ落とし限界まで物を無くして残された物の美しさに人は惹かれてしまうのです。削ぎ落としは『禅の教え』そのものです。ここで少し話が逸れますが今、巷で物を持たない主義の人が増えているとか。掃除、整理整頓のブームから始まり断捨離に移行して最終的に物を持たない。某有名な第一人者はネットではカリスマ性を高めているらしいですが住まい周辺では結構、評判が良くないとか。調味料や様々な道具を近所に借りに来るらしいです。いくらなんでも最低限の必要な物は置いとかないとねぇ。逆に物が有り過ぎる究極は『ゴミ屋敷』ですが、どちらも出来るだけ周辺に迷惑を掛けないようにしなければ駄目ですよね。話を元に戻して以前『現在の健康ブームはプラスする健康』として批判させて頂きました。「アレを食べれば」とか「コレの代わりにアレをプラスする」とかです。それは企業が商品を売って儲ける必要が有るので当たり前になっています。しかしマスコミ主導(スポンサー企業、視聴率)の健康と別れて『本当の健康』=『マイナスの健康』を取り入れる時期に来ていると思います。現在の日本に限って言えば生活習慣病と言われるものは食べ過ぎが引き起こしています。アルコールも呑む必要は無い。喫煙も。それだけで日本の国民は5分の4は健康になると思います。ただし間違って欲しくないのは『1日1食にする』とか『炭水化物を食べない』とかでは無くて『1日30品目食べて腹八分目にする』という身体に必要な食材は摂りつつ偏らず食べて満腹にはしないのが理想です。そしてゆっくりよく噛んで食べる事。つづく

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三