MENU TEL

Blog記事一覧 > 院長ブログ > 小説家『中上健次』氏

小説家『中上健次』氏

2016.12.04 | Category: 院長ブログ

小説家『中上健次』氏を知っていますか?知らないのはたぶん私くらいですね。私は全くと言って良いほど小説を読みません。本が嫌いで教科書さえも開いた瞬間に熟睡出来ます。中上氏は芥川賞を受章した和歌山県出身の小説家ですが、小説を読まない私が小説どころか小説家自身に興味を持つなど想像出来ませんでした。また『オリュウノオバ』という実在した人をモデルにした小説ですけど、極貧で教育を受けられず読み書きが出来ないので全ての事を暗記しているという驚き。記憶が無ければ生きてきた人々の歴史、過去が無かった事になってしまうという悲痛な思いと、その人が生きた証しを残さなければという使命感が心に突き刺さりました。生まれた土地で最初からハンディを背負ってマイナスから始まる理不尽な運命に立ち向かう人々。私の知らない、私の想像を遥に超えた現実。今を生きる日本人として知らなければならないと思いました。しかし今回もテレビのお陰で偉大な小説家の人生のほんの一部を知る事が出来ました。そして益々『中上氏』に興味を持ちました。皆さんも読書しましょう!(お前が言うな)。最後にこの話には続きが有ります。1890年9月16日未明に和歌山県沖でエルトゥルル号(トルコ)海難事故が有りました。その時に貧しい和歌山の村人達は見返りを求めず、ただ目の前の人を救いたいという思いで食べる事さえ難しい、一日漁を休めば食べれない程の極貧生活の中で漁を何日も休み海難事故の救助、捜索、後始末を続けて618名の乗組員のうち69名を救助して祖国に帰しました。それから95年後に有名なテヘラン邦人救出劇が有りました。9000kmも離れていて尚且つ日本政府に見捨てられた日本国民はトルコ政府とトルコ国民に救われます。それはココで語るには勿体無い、世界に類を見ない感動の秘話が有ったのです。勿論直接中上氏とは全く無関係の話ですが私が言いたいのは当時外国人を見た日本人はどれ程驚いた事でしょう。しかし『何処の者でも構わん。助けなアカンのや!』と助けた名も無き差別の無い人々の真心を持つ和歌山県民が結果的に95年後に多くの日本人を救ったという事です。そして今でも驚く程、親日の国トルコ。異国の人でさえ差別しないのに同じ日本人で有りながら未だに差別する日本人。恥ずかしい。『天は人の上に人を造らず。人の下にも人を造らず』。『海難1890』(東宝)を観て考え方を変えて下さい。

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三