MENU TEL

くる病

2016.12.23 | Category: 院長ブログ

本日午後は勉強会&呑み会の為に休診です。

くる病は骨が弱くなり重力に負けてしまい骨が正常な成長をせず曲がってしまったりする病気です。原因は簡単に言えば日に当たる時間の不足によりビタミンDが活性してビタミンD3に変化出来ない為に骨にカルシウムを吸収出来ない事です。ですから北欧の人々が海辺でも無いのに水着で日光浴をしている風景を見た事が有ると思います。あれは少ない大陽の光を効率良く浴びれば少しでも多くのビタミンDが活性して『くる病』を防げると考えて行っている行動なのです。名古屋では年間日照時間から考えて冬季でも手の甲が15分直射日光でなくても外出していれば大丈夫だと聞きました。しかしガラス越しではビタミンDは活性しないそうですので木陰でも良いので最低1日15分は日中に外出しましょう。でも安心出来ない事例が増えてきているそうです。皮膚がんを恐れたり美容的にシミやシワの原因で有る日焼けを防ぐ理由から年間を通じて異常な迄に日光を嫌う。車のガラスはUVカット、歩けば日傘、帽子、サングラスやフルフェイスのカバー、手袋、長袖に下半身も長い丈の服。勿論しっかり日焼け止めは厚く塗って有ります。以前夏に走っていて挨拶をされましたが全く誰か分からず後日、治療時に判明して大笑いした事が有ります。確かに夏の日焼けは皮膚がんを助長するかもしれませんが年間の人体に必要な大陽光を足りなくしてしまうのは危険です。適度な日光を浴びて骨を強くしましょう。

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三