MENU TEL

Blog記事一覧 > 院長ブログ > 血管の硬さ

血管の硬さ

2017.02.13 | Category: 院長ブログ

身体が硬いのは特別な検査をしなくても誰でも直ぐに分かります。しかし血管の硬さは分かりにくいです。確かに血圧は動脈硬化の指標にはなります。でも全身の血管の状態は分かりません。全身の血管を繋ぐと地球二周半(約10万km)と言われています。それほど全身に張り巡らされてる血管ですから血管の硬さ=身体の硬さというのも想像がつくと思います。例えば心臓だと筋肉を除いた場合、心臓の形が分かる程に毛細血管が有るのです。心臓というと『狭心症・心筋梗塞』が考え付くと思いますが、注目されるのは冠状動脈という動脈の状態です。周囲の微小血管の状態は余り注目されて来ませんでした。しかし近年は微小血管の梗塞も注目されるようになってきました。それほど毛細血管が大事だという事は理解出来ると思います。だから最近『毛細血管特集』のメディアが多くなりました。しかし相変わらずメディアは企業経営優先なので「アレを飲むといい」「コレを食べるといい」と宣伝が見え隠れしています。「では全快堂はどんな方法で血管を柔らかくするのか?」と言えば偉い先生方が言っている方法を否定するつもりは有りませんし良い方法なのでしょうから実行して頂きたいと思います。それにプラスしてストレッチをして欲しいのです。勿論先ずは大きな箇所をやって下さい。そして暇な時間や通勤通学中に細かな箇所をやって下さい。手と足の指一本ずつの関節、手首、足首、耳も折ったり引っ張ったり日頃気が付かない所もやって下さい。脚がよくツル人は足裏が固くなっている場合が多いですので蹲踞(そんきょ)の姿勢(最近減った和式トイレにしゃがむ姿勢)で膝を着いて足指迄をしっかり伸ばして下さい。また足裏のマッサージをゴルフボールを踏んで行って下さい。足裏の血流を良くすると全身の血流も良くなり血圧が下がり全身の血管も柔らかくなってきます。身体が硬い人、血圧の高めの人はコツコツ努力しましょう。因みに私は身体が硬いです(泣)。

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三