MENU TEL

Blog記事一覧 > 院長ブログ > 運転免許返上の難しさ

運転免許返上の難しさ

2017.02.17 | Category: 院長ブログ

高齢ドライバーの交通事故が後を絶ちません。アクセルとブレーキの踏み間違え、逆走、信号の見落し等と理由は様々ですが、警察を始め役所や家族に至るまで『運転免許返上』を呼び掛けています。地域によってはバスの割引券やランチの割引券、タクシー割引券に商品券贈呈のアイデア等が目白押し。しかし反応はイマイチです。何故でしょうか?私なりに考えてみました。先ずは名古屋市のようにバスや地下鉄が有れば、他の地域よりは返上し易いでしょうけど、無ければタクシー乗車は年金生活には勇気が必要です。身分証明書の代わりに発行してくれるカードを代わりに渡されても今の若者と違って『車はステイタスのシンボル』だった世代の高齢者にとって免許の有無は人格の一部でも有るのです。しかし最大の理由が隠れている事を行政は理解しなければいけません。それは『高齢男性の家庭における地位』です。私を含め多くの高齢男性は『家事一切を全く手伝わない』人が多いという現実です。現役でバリバリ働いて給料を家庭に入れていた頃は良かったのですが定年後は年金生活となります。すると川柳にも有るように役に立たない『粗大ゴミ』のような地位に転落する家庭も有るようです。高齢者のご夫婦の多くは女性の免許取得者は少なかった時代。そうなると買い物や病院への通院は旦那様の車が頼みの綱。旦那様の存在感が際立つ唯一の見せ場です。まるで黄門様の印籠のように運転免許証が光輝くのです。それが返納してしまったら寝たきりの可能性が高い不要な人?になってしまうのです。それを口には出さなくても肌で感じている状況で最後の砦を簡単には差し出せれないのです。これが一層複雑にしている要因です。私は自営業なので早めの引退はせず免許証を返納しても働き続けて家族に『少しは役に立っている』と思われるように頑張るつもりです。きびし~いっ!(by財津一郎)

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三