MENU TEL

毛細血管

2017.06.23 | Category: 院長ブログ

100億本の血管の99%を占める毛細血管は全部繋げると地球2周半10万キロになると言われています。酸素と二酸化炭素、栄養素と老廃物の交換を行われる最前線である毛細血管は生活習慣次第で消えていく(数が減る捻れる)と言われています。毛細血管は老化により40代から減りやすくなるといわれ60代になると20代の4割減になるそうです。毛細血管減少は病気に罹患し易くなります。何故なら毛細血管は白血球の通り道なので免疫力の低下になるからです。他に薬の効きが悪くなる、冷え性(酸素栄養免疫の他に熱も運ぶ為)、肌の老化が顕著(栄養が行き渡らなくなるのでシミ、シワ)、心筋梗塞や脳卒中の危険も大きくなります。血管を固くする原因は高血圧です。血管が圧力に耐えようと硬くなるからです。毛細血管は8ミクロン(毛髪より細い)のですが赤血球5~10ミクロン。ですからココを通るには健康的な赤血球(繋がって無く、硬くない)で無くてはいけません。ところが日頃から糖分が多い人の赤血球は数珠繋ぎで上手く毛細血管を通過出来なくなります。それが心臓で有れば微小血管性心筋梗塞、脳であれば脳梗塞や認知症になります。糖尿病の人ならば注意しなければいけない網膜症、腎症(透析)、壊疽(手足の切断)に繋がるのです。『手足が冷たい』『肌荒れ』『疲れやすい』等、何れかの症状が有る人が、手の爪を押さえて白くなった状態にしてパッと離して2秒以内に赤みが戻らなければ毛細血管のゴースト化の可能性が有ります。続きは明日。

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三