MENU TEL

毛細血管2

2017.06.25 | Category: 院長ブログ

では続編です。アルツハイマーはアミロイドβという老廃物の蓄積が原因ですが勿論、酸欠もその一つです。また骨にも酸素が必要なので血流不足は骨粗鬆症を招きます。糖尿病は血流を悪くして毛細血管を減少させるので栄養が全身、特に末梢に行かず手足の壊疽に繋がり重度の場合は切断に。また末梢に血流が行かないと高血圧にもなります。外反拇趾と内反小趾は全身に悪影響と投稿済みですが、靴底が不均衡に減った靴、サイズが合わなかったり、踵を踏んでいたり、スリッパやサンダルばかりの人は、膝や股関節、腰痛や肩凝り頭痛等の全身に悪影響しますけど、その本当の根幹には毛細血管の減少が有るのです。言うまでも無く、ハイヒールは足先ゴースト化(毛細血管を無くす)を推進する物ですから長時間、長期間の連続使用は毛細血管からすれば、自殺行為です。対処法は2時間毎にマッサージするのが良いそうです。足元から全身に戻って締め付けの服装が悪い事は分かると思います。毛細血管から考えればブラジャーやガードルも余分な物ですが、更に補正下着という鎧を着けている方が居ます。本人は慣れているから『全然キツく無い』と言いますが電極を差し込む時の大変さは半端無いです。また補正下着は筋力低下に繋がるので自身の筋力でスタイル維持が遠ざかって行く事を忘れずに。その証拠に『補正下着を着けないと背中が丸くなる、疲れる』と言います。猫背は体内では血管が曲がるので姿勢良くとは=血流良くに繋がります。足を組むのが骨盤のズレや筋力低下に繋がる事は知っていましたが膝窩動脈(膝裏の血管)が圧迫される事までは考えていませんでした。長時間座る事は良くありませんけど強いて言えば胸を張って真っ直ぐ座るベストです。女性の中にはシワやムクミ、皮膚の垂れ下がりを気にして顔を強くマッサージする人も居ますけど毛細血管は強くマッサージすれば切れるので逆に顔が崩壊して老化を早める結果に繋がります。顔の血流量を増やすには愛知医大『佐藤純氏』が言う気象病(気圧が低下すると具合が悪くなる)の予防にも繋がる耳揉捻が効果的です。他に頭皮のブラッシングも良いでしょう。指先に関しては昔から『指先を使うと良い』と言いますけどIT作業のような同じ姿勢は良くありません。足先の改善は、立位で足の指だけ使ってゴルフボールを拾う事。足指ジャンケンよりも高度な毛細血管ゴースト化予防になります。さて楽に毛細血管を良くしたい人には「シナモン小さじ2分の1」か「0.6gルイボスティー」の他にヒハツやカリンが良いとの情報も。最後に40℃10分半身浴20分~30分炭酸泡の入浴も良いそうです。

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三