MENU TEL

Blog記事一覧 > 院長ブログ > 知らぬが仏

知らぬが仏

2017.07.20 | Category: 院長ブログ

知らない方がいい、知らない事は平和、しかし全快堂で新患の方に出会うと『カチコチ』の身体をしていているのに本人は感じていない。それは感じていない=麻痺している。このまま放っておけば、いずれ大病になる症状の方がいます。だから全快堂流の知らぬが仏の解釈は『治療しないと大病で仏になる』笑えないジョークと考えています。どんな病気でも後から考えると『そういえば』という前兆が有る事が多いです。有名なのは心筋梗塞による前兆。左の歯が痛い、顎が痛い、肩が凝る等です。心臓の名医によれば心臓の辺りに片手の掌を広げて『その範囲に、まず心筋梗塞の症状は出ない』と言われていました。しかしプールに入ったり、入浴した時には水圧が加わりますから瞬間に血圧が上がります。また階段を上った時は心臓に負担が一時的に加わります。その時にズキンと胸に痛みを感じたら危険。一度循環器を受診して下さい。胸がキュンは恋の始まりです(アホか)。今日も暑いけど頑張ろう!

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三