MENU TEL

昭和

2017.07.21 | Category: 院長ブログ

たまには頭を使わない内容を。ちょっと前になりますけど『玉川カルテット』をテレビで見ました。凄い高齢者集団でした。そりゃそうだよね。私が子供の頃からやってるんだから。ご存命のうちじゃ無ければギャグとして笑えなくなるから懐かしいネタを。『金も要らなきゃ女も要らぬ~うっ、私ゃも少し背が欲しい~!』玉川カルテットを知らない人でも聞いた事が有るフレーズじゃないかなぁ。でも今ならセクハラとか難しい問題が絡んで来そうなギャグですよね。昭和は何でも有りな時代だったんですよね。以前も投稿した『あしたのジョー』や『巨人の星』とか現在だと地上波では再放送出来ないからね。ピー、ピーって台詞が途切れて意味が分からない。後から調べたら『泪橋を挟んで、川のあっち側の事』の少しキツい言い方だったり、星一徹の職業を星飛雄馬が、日本一の『日払いしてもらう肉体労働者』の少しキツい言い方だったりするんだよね。私は馬鹿なのか『気を使い過ぎる方が差別している』ように思えるんですけどねぇ。まぁ私のようにアホが難しい問題に頭を突っ込んでも解決しないので、解決のケツが出たところで、ケツから出る内容を。『どうせやるならデッカイ事を~!スカイツリーを屁で飛ばそ~うっ!』(by玉川カルテット)。オナラを我慢すると腸で再吸収され血管に入り肺へ。そして口から出る訳ですが、某芸人さんの『お下劣ネタ』を思い出しました(読まない方がいいかも)。『肛門の嘆き』の内容を。『口はいいよな、美味い物ばかり喰えて。それに比べて俺はクソばっかりだもん。口からたまに出るゲップの代わりは俺は屁だよ。太陽なんて一生見られない日陰者で終るんだ(泣)』すいませんでした。『さぁ今日も』って、こんな汚い始まりが出来るかよ!責任者出て来い!久しぶりに『人生航路』師匠が出たところで本日は終り。

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三