MENU TEL

Blog記事一覧 > 院長ブログ > 細やかな治療

細やかな治療

2017.08.10 | Category: 院長ブログ

お灸を二種類(熱い・熱くない)、鍼は二種類以上、出張治療の為に折り畳みベッド、応急グッズを入れたトレーナーズバッグ、ランニングマシーン、エアーマッサージ器、ローラーベッド、足湯、レーザー治療、座位マッサージ台等々、あらゆる患者様に、あらゆる症状に対応出来るように全快堂では準備しています。例えば鍼も灸も症状、年齢、治療箇所によって使い分けなければいけません。妊婦さんは腹臥位(うつ伏せ)の姿勢は無理です。O脚や股関節に症状が有った場合、原因の一つに着地時の足底が関係している場合が有りますが意識していないので矯正しにくいです。その場合はビデオカメラで録画して着地する自分の足を見てもらいます。また正しい歩行姿勢も同時に見てもらいます。自律神経の失調には星状神経節治療が最適だと私は考えます。当たり前ですけどシーツ、タオルの交換がマメに出来ていないのはイヤですよね。他にまだ欲しい機械が有るのは確かですが最低限、考えて考えて考え抜いた結果、何一つ欠けても寄り添った治療が出来ませんので現時点で最低限のアイテムです。更にもし全快堂が儲かって移転出来たら更に道具を購入したいと思います。しかし治療家仲間に言わせれば『実力の無い証拠』と笑われます。おっしゃる通りでございます。けれど、だからこそ実力が無い分、色々な物を組み合わせて足りない分を補います。今後も治療を磨きつつ誠心誠意、細やかな治療を精進しながら目指します。P.S.本来『円皮鍼(えんぴしん)』は長期間貼り続けても痒くたったり色素沈着しないのですが腸が弱い患者様はオムツかぶれと同じで痒くなったり色素沈着しますので鍼を使い分けしています。その他、此処では詳しく解説しませんけど鍼同様、灸も補瀉を使い分けます。

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三