MENU TEL

Blog記事一覧 > 院長ブログ > 臭いに鈍感は

臭いに鈍感は

2017.08.23 | Category: 院長ブログ

臭いには敏感な人も居れば鈍感な人も居ます。鈍感な人の中には蓄膿症の人が居ます。蓄膿症の人は副鼻腔に膿が溜まっていて常に嫌な臭いを感じてしまっているから外気の臭いが分かり難いです。何故副鼻腔が有るのでしょう?人間には重要ではありませんが声が遠くまで届くように共鳴させる為だと言われています。また冷たい空気を直接肺に入れるない為に一旦温める役割はヒトにも大事です。蓄膿症で無い人が高齢者になると徐々に嗅覚が鈍くなるのは避けられませんが、認知症の最初の変化も嗅覚の鈍さです。では単なる老化なのか認知症かの見分け方は?老化は全ての臭い(酸っぱい、焦げ臭い等)が同じ様に分からなくなるのに対して、認知症は腐敗臭から分からなくなるのが特徴です。排泄物の臭いや腐った臭いです。だから高齢者だけで暮らしていたり独り暮らしだと腐った物を食べて下痢したり食中毒になったりします。嗅覚が鈍くなると味が分からなくなります。家族の人は味付けが変わったら言動行動にも注意して異常が感じられたら早めに受診を勧めて下さい。

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三