MENU TEL

Blog記事一覧 > 院長ブログ > 難しい選択

難しい選択

2017.10.04 | Category: 院長ブログ

ドイツが難しい岐路に立たされています。ドイツの産業の中心的存在といえば勿論車です。しかし世界で温暖化が問題になり中国でもガソリン車、ディーゼル車を止め電気自動車に移行する事が決まりました。ドイツ車にとって中国は最大の輸出国ですから影響は計り知れないです。『だったら電気自動車の開発に移行すればいいじゃん。EUだって世界中も電気自動車にする事は火を見るより明らかなんだから』と考えるのは当たり前です。でもそうは言っても電気自動車はガソリン車に比べ、部品数が少なくドイツ国内の自動車関連の従業員60万人の雇用が失われ、日本円で毎年6兆3000億円の損失が試算されているのです。メルケル首相にとっても非常に悩まされる問題ですが徐々に電気自動車への移行を選択する模様です。無論日本も例外では無くて電気自動車への移行がスムーズに行くかは今後の政財界の舵取りに掛かっています。また自動車産業は自動運転の開発も急ピッチで行われているので自動車業界も気候変動のように『百年に一度』という表現がピッタリ。暫くの間は目が離せない状況が続きそうです。

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三