MENU TEL

Blog記事一覧 > 院長ブログ > 気の置けない

気の置けない

2017.10.18 | Category: 院長ブログ

最近は『気の置けない』の意味が本来の意味と違っています(「信用出来ない」と思って使用する人が多い)から題名と話が噛み合わなくなってしまいますけど今回は本来の意味ですので間違って覚えていた人もコレを機に正しい使い方をしましょう。『気の置けない』とは「遠慮の要らない、気心の知れている、気を遣わない」てな感じ。小学校、中学時代の同級生の気の置けない仲間と呑んだんですけど楽しかった~っ!でも悲しいかな楽しく呑んでいてもチョクチョク病気の話になっちゃうんだよねぇ。確かに私の職業も有りますけど、聞いてみると医療と無関係の仲間同士で呑んでいても誰かが食事の前後に薬を飲んで居れば『それ何の薬?』みたいな感じで『実は俺も血圧が』とか始まるらしい。そろそろ私達も危険な年齢の仲間入りですからイヤだねぇ。でも最近何故か飲み会が凄く多いんです。というか交遊関係広げ過ぎなんですかねぇ?ていうか(優香)私が酒好き(酒過ぎる)プラス断らない事に問題が有るんですかねぇ。本来は週1か2回と決めている飲酒の日と、飲むなら『これくらい』と酒量もある程度決めて有ります。しかし飲み会なら回数も酒量も『仕方ないなぁ』と喜んで破ってしまう。作為的?確信犯?少し気を引き締めて体調管理をしないと年末年始は忘年会と新年会が多いですからねぇ。既に忘年会は3つ入っています(ダメだコリャbyいかりや長介)。今からは風邪だけで無くてインフルエンザやRSウイルスも流行ります。楽しい機会を失わないように?体調管理をしっかりしましょう。

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三