MENU TEL

Blog記事一覧 > 院長ブログ > 中国の目論見

中国の目論見

2017.11.13 | Category: 院長ブログ

日米韓の3ヶ国は今は特に同調しなければなりません。しかし見事なまでに韓国は日米から距離を置くようになりました。これほど思った通りに事が運ぶものなのでしょうか?まるでドラマを見ているかのように中国が書いた筋書き通りに事が運ぶなんて未だに信じられません。しかし紛れも無い事実です。これでトランプ大統領の韓国訪問は無駄に終わったのかも知れませんけど米国も最初から韓国訪問の日程を一泊二日にしていたのは、今の状況を既に見越しての事だったのでしょう。恐るべき米国の情報分析能力というか外交において情報は最重要課題。しかし日本は『情』とか『相手を信じる心』等の事を重視して常に外交では失敗しているように思えます。プーチン大統領が来日した時も日本人の多くが領土問題が少しくらい何か変化するだろうと期待しましたが、日本側の一方的とも思える結果に終わりました。あまりにも不甲斐ないですけど、もしかしたら日本政府は私達日本国民が考えている以上に強か(したたか)で『世界中を味方に付ける作戦』なんていうのは考え過ぎでしょうか?『全く日本を見ているとイライラする。だけど、だからこそ日本が好き』『争いを回避しようと損をして、またもや名を上げた』なんて親日国が増えてくれれば少しは溜飲を下げる事が出来るのですが。東アジアは今、非常に重要な局面を迎えています。ここで政府が舵取りを失敗すれば70年以上続いている誇らしい日本の歴史に消えない汚点を付ける事になります。国民が選んだ政府を信じるしか有りません。イバンカさんに拠出した57億円も国民の生命の値段の一部なのでしょうか?

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三