MENU TEL

冬期うつ

2017.11.30 | Category: 院長ブログ

この季節は、やはり『うつ病』の方が増えてきました。仕方ないなんですけど本人としては大問題です。人生も『青春』なんていう若い世代を表す言葉が有りますけど『春』は樹木が芽吹いて活力の有る、象徴的な季節です。ならば秋冬は中年~老年となるのですけど、最近の中年や老年は若い人よりもずっと元気で活力に満ち溢れてますから中年でも無く老年では無くて、体力も知識も最も充実している『ずっと壮年で、いつまでも壮年のみ』で中年~老年は有りません。いつもの通り話が逸れましたが一年を通して秋冬は『うつ病』に為り易い季節です。日照時間の影響によりホルモンバランスが乱れる事が大きいのですが、更に寒くて活動量も減りますので尚更血行不良で全身が不快になります。また春夏の夕方のように日暮れ迄の時、外で人と立ち話する時間は『つるべ落とし』で忙しく感じますが、秋冬ともなれば寒くて一刻も早い帰宅を目指します。だからコミュニケーションの減少も前頭葉を始めとする脳の血流低下を招きます。でも『冬場はうつ病になっても仕方ない』なんて「俺は許さないぞ!」ってお前は誰やねん。対策としては、一年を通して同じ時間に起床する等の生活リズムを心掛ける事です。早朝室内が暗ければ電気を着けて朝日が上がればカーテンを開けて朝食は必ず摂りましょう。出来れば和食、最悪パンでも最低『赤味噌の味噌汁』だけは飲んで下さい。それにより夜の睡眠が深くなり『うつ病』の改善に繋がります。出来れば昼寝を3時迄に30分以内(同じ事ばっかり書いていますね)。入浴は42℃以下の温度で10分~20分間で就寝2時間前までに済ませると良いです。薄暗い寒い気候より明るくて温暖な気候の方が明るくなると思いませんか。例えば南の島なんてウキウキします。だから冬期うつは仕方ない?かもね。でも四季の有る日本で住む良さは沢山有りますし、冬は冬の楽しさ、良さも沢山有ります。冬しか食べられない?食材(カニ、フグ、ブリ等々)はやはり旬に限ります、ウインタースポーツは基本的に雪や氷が必要。行事はクリスマス、正月、忘年会に新年会等々盛り沢山。さぁ家の中、コタツから外に出て楽しんで『うつ病』とはオサラバしましょう!

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三