MENU TEL

Blog記事一覧 > 院長ブログ > 痩せる手術

痩せる手術

2017.12.27 | Category: 院長ブログ

先日『脂肪吸引』の手術後に20代の女性が亡くなりました。手術との因果関係は捜査中で分かりません。しかし痩せたいと考えるのは若い女性だけの美容面に限らず、老若男女の健康面にも重要な事になりました。糖尿病から人工透析に陥り医療費の圧迫が国家予算の赤字にも影響を及ぼしている事は投稿済みです。ならば健康的に痩せれば本人の健康は勿論、国家予算の改善にも直結する重要な案件となります。更に『うつ病』等で働けない方や自殺願望の方の改善にも正しい食生活がサーカディアンリズム(体内時計)の正常にし、社会復帰を促し日本経済の実感出来る好調と赤字財政健全化にも大きく役立つと考えています。それほど食事が大切なのですが、加減が難しい。大袈裟な表現かも知れませんが痩せる事は健康、経済に影響するのです。ここで食欲について少し述べますと、食欲を増進するのはグレリンというホルモンが大きく関わっています。そこを手術で残すか取ってしまうかで胃ガンの予後が違うと『有明病院 比企直樹 消化器外科 胃外科部長』と言っています。という事は近い将来『この部位をこのくらい残せば食欲が適度に抑えられる』という手術が簡単に出来る時代が来ると思います。何故なら現在でも先生の手術は胃ガンで胃を部分切除しても翌日には普通の食事をしているくらいですからです。痩せたいと食事を我慢して身体を壊してしまったり、食べ過ぎて身体を壊してしまったりと人間の欲望にはブレーキが効きにくい事は実証済みです。胃の部分切除の医療費は、食事による弊害が波及する医療費に比べれば遥かに少ないと思います。このノウハウは人類が必要なものです。国家プロジェクトとしてグレリンとの上手な関係作りを考えるのが日本再生への近道だと考えます。比企直樹先生は将来ノーベル医学賞を手にする程の方です!

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三