MENU TEL

Blog記事一覧 > 院長ブログ > AIの発達の影で

AIの発達の影で

2018.02.14 | Category: 院長ブログ

以前にも投稿した内容ですが、AIの発達の影で『弁護士、公認会計士の失職の危険』というニュースを目にしました。先日は柔整の講習会で『内科医が失職の可能性』という話が話題になりました。弁護の時に過去の膨大な判例を記憶するのはヒトには大変な事でもAIなら得意分野です。同じように患者様の訴えと検査データから総合的に判断して最適な薬を選ぶのは、やはりAIの得意分野かも知れません。『しかし人間の優しさはAIでは無理だろう!』と反論する人も居ると思います。なんと美人なロボットがフロントに待機しているホテルの評判は上々とか。またロボットのペットを導入した介護施設では心を開かなかった入居者が明るくなったり認知症の患者様が快方に向かったりと高齢者の評判も良いと聞きます。それどころか新聞の投書欄には『横柄な医師の発言に傷付いた』との苦情をよく目にしますがAIに限っては皆無です。そもそもロボットは人間が楽をする為に、または間違いをしない為に開発された物だから人間に代わって働く=人間の職が無くなるのは当然です。人類は自ら己れの首を絞めているのですよね。今後私達は職業上生き残っていけるのでしょうか?『私の職業は生き残れます!』と胸を張って言える職業はどれだけ有るのでしょうか?または『私個人は生き残っていけます』と言える人はどれだけ居るのでしょうか?ナンバーワン、オンリーワンを目指して『自分にしか出来ない匠の仕事』を目指して日々精進、そしてまた精進。

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三