MENU TEL

Blog記事一覧 > 院長ブログ > 毒素の反応が身体に出る

毒素の反応が身体に出る

2016.01.04 | Category: 院長ブログ

HPを一日更新しないと酷く悪い事をやっている気がします。でもコレからはもう少し間隔が空きますが引き続きお願い致します。身体に悪い物が体内に入れば身体は『コレ私の身体には危険』と教えてくれるのがアレルギーですよね。するとイメージ的には飲食物ですが触れた物や吸い込んだ物でもアレルゲンになります。酷い反応になるとインクが駄目で教科書を触ったら呼吸困難になってしまう、あらゆる衣服やスリッパ、ランドセル、石鹸、洗剤等、身体に触れる物の全てが毒素となってしまう患者様がいる事を知って下さい。その子供たちは『新品』を使う事は出来ません。何でも水で洗って干して、洗って干して、洗って干してをとにかく繰り返してやっと使えるのです。勿論『水』選びも慎重です。そこまでの症例は稀ですが皆様の中でも下着やセーターの繊維で痒くなる人や、この季節だと冷たい空気で鼻水、くしゃみが止まらない人も多いです。生命の危険が無いので気にしない人が多いですが、その場合は皆様に教えてある耳のツボを爪で押して下さい。鼻水を止める即効性があるのと日頃から押しているとアレルギー(花粉症を含む)が軽減されていきます。また人によって違いますが自分の身体に合わない物質が体内に入ると特定の箇所が肌荒れを起こす場合が有ります。全身であれば『アトピー』と考えるでしょうけど一部分だけなので気にならないで生活している人が意外と多いです。私は『アレルギーは無い』と断言していましたが右手人差し指の内側の皮膚が少し剥けます。最初は気にもして無かったのですが、この部分が私のセンサーだと分かりました。面白い事にツボの流れを経絡(けいらく)と言いますが上記の箇所は『大腸経』なんです。やはり悪い飲食物が入れば身体が反応する?と個人的に解釈しています。年末年始の暴飲暴食がそろそろ身体のあちこちに反応として表れ始める頃です。酷くなる前に予約して下さいね(年末年始の『ぎっくり腰』メール多し)。

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三