MENU TEL

Blog記事一覧 > 院長ブログ > 瞼が落ちる

瞼が落ちる

2016.01.14 | Category: 院長ブログ

『瞼が落ちる』という表現が適当かどうか分かりませんが年齢に伴い目がパッチリ開かない事が増えてきます。そしてその状態が日常化して行きます。よく高齢者に眉毛が異様な程、上に付いている方が居ます。それは瞼に付いている『挙筋腱膜』が薄れるか断裂した場合に起きやすいですが『眼瞼皮膚弛緩症』という瞼の皮膚の弛みが原因の場合や2つがリンクする場合も有ります。前者は加齢、ハードコンタクトレンズ使用者、花粉症やアトピーで目をこする。後者は顔面神経麻痺や瞼の痙攣が有ります。恐ろしい理由は『重症筋無力症』『甲状腺眼症』『眼瞼腫瘍』等が有りますので急に違和感を感じたら眼科を受診しなければいけません。加齢は仕方ないですがハードコンタクトレンズ、目をこする事は直す事が出来るので注意したいですね。最悪、瞼が落ちてきたら手術も有ります。私は呑んだ翌朝は最悪ですが呑まなくても腫れぼったい目(モンゴロイドです(泣))。腫れぼったい目がいい点は殴り合った場合に眼球が直接傷付かないようになっている事です(誰が殴り合いするねん)。平和を愛す私としては『パッチリお目め』がいいなぁ。でも考えたら『アメフト』『柔道』『ジークンドー(ブルース・リーの考案した格闘技)はほんの少しかじった程度』とコンタクトスポーツをやってました。そして今回『はだか祭』に初参加(まだ確定していないけど)する事になりました。『歳を考えろ』『ケガしたらどうするの、命を落とした人もいるんですよ』『そもそも土曜を休むの?』とブーイングの嵐です。でも、どーしても一度は参加したかったはだか祭。オッサンのわがままをお願いします。とは言え自分で参加を決めて泣き言を書くのは変ですが本来は近所の方々が参加する祭ですよね。早朝より寒いので呑んで呑んで呑んで夕方迄呑んで冷えきって、疲れきって国府宮から電車で帰ってくるのはキツいですね。まぁそれも含めて『私のはだか祭』です。長くなるので続編を次に書きます。ゴメンなさい。

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三