MENU TEL

Blog記事一覧 > 院長ブログ > 議員削減党!

議員削減党!

2019.03.14 | Category: 院長ブログ

はぁ~っ、そんな筈は無いだろう。国民が景気の良さを全く実感出来ないし全国各地で復興予算が足りないのに議員の定数を増やすって?「減らす」の間違いだろう。先日のニュースを聞いて愕然としました。党内での自分の人気が下がらないように、自分が引退後に議員の定数を減らす事にして今は増やすんですかねぇ。定数6増で6年間の経費が31億円。毎年5億円の血税が復興支援予算なら良いですが議員に配られるとは。そんなに議員が居ないと仕事が出来ない、偉い筈の議員さんは無能なんですかねぇ。何度も投稿していますけど市町村の議員から県会議員、国会議員の全て3分の1にしたら「この議員は仕事をしてない」と、よく分かり選挙の時に困るのかなぁ。3分の1にしたら当選する為に必死になって仕事をするでしょう。3分の1にしたら血税の無駄が減って福祉と復興に予算を回して消費税を上げなくても済むでしょう。「そんな人数では仕事が出来ない」と文句を言う人は立候補しないで下さい。また議員報酬も高過ぎます。もっと削って下さい。低くされて嫌なら議員を辞めて下さい。出来る人が立候補すれば良いのですから。たぶん実現化したら最初省庁は協力しないでしょうね、野党が政権交代した時のように。でも議員は必死に尻を叩くでしょう、自分の力量が国民に判断されるでしょうから。議員の皆さん、自浄力を持って下さい。本当に国民の為になるのは、まず①議員の定数を削減する②議員報酬を減らす事です。それを出来ますか?そこで私は『議員削減党』の設立を提案します。これは国民に分かり易くて当選する事でしょう。勿論直ぐに公約を実現出来ないと思います。与野党問わず現在の衆議院と参議院の議員の全員が敵ですから。「イヤ私は違う」という議員も居るでしょうけど動くかと言えばパフォーマンスはしても実際は無理でしょう。直ぐには無理でも一人一人と増やして実現させるべきです。今はSNSが有りますから炎上じゃ無く「火が着けば」ひょっとしたら。誰か実現しませんか?本気で日本を変えてみませんか?(他力本願でコレがいけないんですよねぇ)。入党資格は①②は絶対ですけど細かいところはボチボチで。現在の日韓関係を静観している米国と、自民党の二階さんと岸田さんの争いを静観している安倍さんは似ていますよね。一人蚊帳の外の石破さんみたいな大物が「よし俺がやる」って実現してくれないかなぁ。「お前は何をするんだよ」って?私は議員削減党の議員さんと秘書の方々の治療を無料でする治療家集団を作ります。誰かコレを拡散して下さい(ってまた他力本願かよっ、ごめんなさい)。

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三