MENU TEL

Blog記事一覧 > 院長ブログ > 首が回らない

首が回らない

2019.07.20 | Category: 院長ブログ

首が回らないという初めての患者様が来院されました。病院や治療院に行っていたようですが「改善しない」と紹介されて来た患者様です。結果から言えば最大の原因は就寝中の「歯ぎしり」(他にも)です。左右の咬筋がカチカチで酷い状態でした。診察した時に脈診で凄いストレスだったので「もしかして」と触ったら首一周が陶器を触っているかのような感触で驚きました。「これなら簡単に治るし治したい」と思いましたが「待てよ」と、急に冷静な考えが浮かびました。首の後部の僧帽筋の上部繊維等のコリは触っても問題ありません。しかし側部の胸鎖乳突筋等のコリに下手にアプローチするのは大変危険です。何故ならプラークが剥がれて脳動脈を詰まらせる危険が有るからです。脈診時もう一つ気になる事が有ったからです。糖の過剰が感じられたのです。それを伝えると「凄く軽い糖尿病です」と言われましたから尚のこと動脈硬化の危険が有ったのです。ですから患部としては首後部だけを、そして他の部位からの治療をして就寝時のマウスピースを提案しました。患者様は少し楽になったもののハッキリ表現すると不満そうだったのは確かです。本当は私の方が不満でした「治せないと思われてる」と。しかし万が一にも脳梗塞になったら取り返しがつきません。ぐっと堪えて「治るには少し時間がかかります」と伝えました。初めて触った患者様ですから身体の把握に自信がありませんので悔しかったですけど互いの為です。「それなら現状を説明すれば良いじゃないの?」と思われるかもしれませんけど、脳梗塞の危険が有るとは私の考えで100%ではありませんから患者様を不安にさせては駄目です。『功を焦らず、功よりも無事故を優先、それが互いの為』という「自身の基本理念」に戻って今後も無事故で頑張ります。中日は負けましたけど私に負けは許されません(決まった?)。冗談は抜きで「治せなくても悪化させない。生命にギャンブルは不要」で治療家人生に汚点を付けないように心掛けていきます。P.S.「中日『ベア』ゴンズ」と写真撮影されてる患者様が居ましたよ。

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三