MENU TEL

Blog記事一覧 > 院長ブログ > 昨日のテレビ

昨日のテレビ

2019.09.17 | Category: 院長ブログ

NHKで「ひとモノガタリ」という番組の「『がんになって良かった』と言いたい」を見ました。一人の京大生のSNS闘病記です。案の定SNS上では「強がってんじゃねぇよ!」と大炎上。でも彼が伝えたかったのは「生命を見直して、生きている事に感謝して、毎日精一杯生きる大事さを知った」という事でした。全快堂には戦争を美化したのでは無いけど「戦時中は明日をも分からなくて国民がみんな精一杯生きていた。だから絶対に戦争は良くないけど生命の尊さは認識出来た」という事を書いて有ります。毎日ダラダラ生きている自分が居る。もっと時間を大切に生きなきゃ、人生が永遠に続く筈も無いのに先の事を考えている自分が居る。もっと健康に感謝して必死に生きなくては!そして今は健康で生きている自分が、上から発言していると思われるかもしれないけど「病気に苦しんでいる人たち」に何が出来るんだろう。以前投稿しましたけど漫画の『本気(マジ)』は骨髄バンクの事が書かれています。連載された当時は骨髄移植がまだ今ほど知られて無くて患者様によく話をしたものでしたが現在は「池江璃花子」さんの事も有り骨髄バンクへの登録も格段に増えて骨髄移植が成功して社会復帰する患者様も増えました。しかし私は恥ずかしながら骨髄バンクへの登録はしていません。最早年齢的な事も有りますけど、これを投稿すると「邪魔しているのか!」とお叱りを受けるかもしれませんけど骨髄提供が「100%安全」とは言え無かったので生活の為には「一日も休む事は許されず」登録出来ませんでした。本当に申し訳ございません。でもその代わりとは言い難いですが「全ての臓器提供」は申請していますし家族にもブログでも書かせて頂いております。しかし今回の番組は再び考えさせられた。

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三