MENU TEL

Blog記事一覧 > 院長ブログ > 薬と記述式

薬と記述式

2019.12.17 | Category: 院長ブログ

今回の投稿内容は「あくまでも私個人の勝手な考え」という事を理解した上で読んで下さい。院外処方の薬局とドラッグストア乱立は「えっ?」と思うくらいの勢いを感じませんか?そしてドラッグストアなのに野菜とかも売っていたり、またその野菜がスーパーより安かったり。確かに消費者とすれば便利になって助かりますけど「こんなに乱立して利益確保出来るの?」と心配になります。しかしカラクリが有るのです。失礼な表現ですが本業では無い?薬以外の生鮮食料品等では利益を確保しなくて良い「客寄せ」のツールとして販売されています。安い生鮮食料品等によって集められた消費者を本業のドラッグ関係で儲ける。その為には乱立して「何処の院外処方に行こうか」と迷っている人を固定客として確保する為の「撒き餌」を販売しているのです。しかしそんな商売の仕方では続かず廃業になるのでは?ところが来年からは花粉症を始め多くの病気の治療薬が病院で処方されなくなり病気の人は「必ず何処かのドラッグストアで市販薬の購入」を迫られる事になります。結果として今迄が勝負で、来年以降は本業が儲けの柱に返り咲き経営が安定する事が折り込み済みなのです。しかしよく考えてみると来年以降の市販薬拡大が何故「折り込み済み」で「危険な賭け」では無く、今後の市販薬拡大路線が周到に準備されていたのでしょうか?早期の利益確保が遠退く事は考えもしなかったのか甚だ疑問です。でも結果的に出店計画は成功と成りました。一般国民の知らない政府からの確実な方針と情報が流れていればこその経営戦略が?その為に日頃から政治家との太いパイプが必要となりますので資金提供出来ない弱小企業は倒産か吸収合併の道しかありません。同じような事が今回失敗しましたけど「大学入試記述式試験」の現場でも起きました。しかし此方は御存知の通り失敗に終わりました。学生の導入反対も有りましたけど、野党が記述式試験導入の決定経緯を追及した途端に「中止が決定」するという分かり易い撤退でした。これを徹底追及したら贈収賄事件に発展すると思いますが得意の「シュレッダー処理」されていれば分かりません。但し「誰が得して誰が決定権を握っているのか」内部の人たちは知っています。とにかくスキャンダルが多過ぎて本来の国会運営が出来なく国民生活に支障が出るほどの状況ですから時間の浪費をせず逃げ回らずサッサと一部企業に便宜を図ったと認めて謝る。そして桜の件も招待客を選挙利用していたと謝り、証拠隠滅のシュレッダーの件も謝る。等々謝って山積の国民生活に直結の問題審議を早くして欲しいものですが、、。そりゃ安倍さんしか居なくても国民もコケにされ続ければ怒るに決まってるよ。これ以上の支持率下落は自民党内部からの反乱分子が出て、政権の命取りになりますよ。

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三