MENU TEL

Blog記事一覧 > 院長ブログ > 水分補給は

水分補給は

2020.01.05 | Category: 院長ブログ

何度も投稿していますけど脈を診ていると「水分不足」の患者様が多い事に驚き「このままでは危険」と判断したので耳タコでしょうが再度。夏に比べて冬は脳出血やクモ膜下出血が多い事は知ってると思います。暖かい部屋から急に寒い廊下や浴室での血圧の急上昇が原因です(ヒートショック)。しかし冬は水分摂取が少ない為に梗塞も多発します。梗塞は「冬でも体内には1日当たり1.5リットル必要」なのに水分補給が少ない人が多いのが原因です。確かに夏に比べて汗の量は少ないですが皮膚から蒸発していますし、呼吸でも水蒸気としても排出しています。また排尿や排便でも体外に水分は出ていますから全く動かなくても、食材以外から1日に1リットルは最低限必要だと思います。それに冬は空気の乾燥が激しいのに加えて暖房で体内は水不足。意識的に摂らなければ不足となるのは当たり前。そこで飲み物の種類としては白湯か麦茶が良いでしょう。「緑茶は?」緑茶はカテキンやポリフェノールが有り良いのですがカフェイン(利尿作用)が烏龍茶、ほうじ茶、紅茶と同様に入っているので「水分摂取」という事に限っては完璧では無いも知っておいて下さい。飲酒は特に注意が必要です。利尿作用と発熱による水分蒸発が有るので「飲んだ以上の水分補給」が必要です。特に年末年始は深酒や睡眠不足で身体のバランスは乱れていますから救急車のご厄介にならないようにして下さい。そして便秘がちの人は日頃から水溶性と不溶性の食物繊維のバランスの悪さに加えて、やはり水分不足が有りますので、冬に便秘を更に悪化させる可能性が有ります。ネットを見ていたら「餅を喉に詰まらせるのでは無くて腸に詰まる(腸閉塞)」で運ばれる人が増えると書かれていました。腸が良くないと餅も食えなくなるかもね。とにかく暴飲暴食を控えて規則正しい生活をして下さい。

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三