MENU TEL

Blog記事一覧 > 院長ブログ > うつ病増える?

うつ病増える?

2020.10.20 | Category: 院長ブログ

コロナに感染すると後遺症になる人とスッキリと回復する人がいるそうですが、とにかくコロナの後遺症は苦しいらしいです。肺胞というガス交換をする末端が硬くなってしまうから「膨らまない=酸素が流入し難い」し、流入出来ても「ガス交換し難い」から息苦しいの極み。想像は難しいですけどイメージするなら酸欠だから「高山病」に長時間なってる感じ。頭痛、肩こり、吐き気に激しい倦怠感と想像するだけでも嫌だねぇ。でも後遺症だからと休んでばかりという訳にもいかないから調子が悪くても社会復帰せざるを得ない。すると今度は周囲の環境が本人を苦しめる。同僚や先方が白い目で実際見ているかもしれないし、単なる被害妄想なのかもしれないが精神的に追い詰められる事態に。世界的な経済不調は収入減という形で表れる。こうなると肉体的、精神的、経済的というトライアングルが出来上がってしまい抜け出すのは難しい。そうで無くてもマスクは息苦しいし化粧をしていれば化粧崩れが気になったりゴムが原因で耳が痛くなったり頭痛や肩こりに。感染が拡大し始めた頃から「新型肺炎で死ぬか金銭的ダメージで倒産し自殺するか」と言われたけど「大袈裟」と言っていたのに現実味を帯びてきました。だから「うつ病」迄は進まなくてもネガティブ思考の人が増えていると仕事をしていても感じます。こんな時でも悪い輩は詐欺に精を出しているから「たくましい」という表現は適当ではありませんが「それくらい強く暮らしていきましょう」と言いたい。生まれた時は裸一貫、何も持たずに生まれてくるんだから、死ぬ時だって何も持たずに逝けばいい。そう考えると少し気が楽になって「もう少し頑張ってみよう」という気持ちになりませんか?死ぬ気になれば何でも出来る。贅沢は無用。立って半畳寝て一畳、飯は喰っても二合半。綾小路きみまろ氏が言っている通り『駄目になったら戻るだけ』ですし、がばい婆ちゃんが言っている通り『人生は死ぬまでの暇つぶし。暇つぶしには仕事が一番ええ』と。人生を達観した人々は違うなぁ。今日も頑張りましょう!

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三