MENU TEL

Blog記事一覧 > 院長ブログ > こんな時に何ですが

こんな時に何ですが

2020.04.14 | Category: 院長ブログ

新型コロナウイルスが猛威を奮って全世界に拡大する中、病気の治療や予防等々は専門家に任せて今回は手を上げた地域、一部の金持ちや政治家たちに関係する疑問を。それは「カジノ」を含む「統合型リゾート(以下「IR」)」の件です。IRは「海外からの観光客からの収益」を基本に考えられていると私は理解しています。しかし日本のIRの利用が始まってから今回のような感染症が世界的に拡大したとら、日本はどのような対応をするのでしょうか?海外からの入国者を制限するつもりでしょうか?しかしそうすればIR関連の企業存続は成り立たない。その時には税金を投入して補償するつもりなのでしょうか?実際に現在感染症が広まっているので「万が一」の案件とは言え無くなりました。それなら利権を得る人、賛成している人たちが積立金を創設して「血税を絶対に投入をせずに対応する」と明記した内容を利用開始前に発表して欲しいと思います。関係者たちは調子の良い時は利益を貰って困ったら税金投入する仕組みを考えていたら国民負担は激増します。「得するなら損もする」という運営自体が博打でお願いします。くれぐれも大事な税金をこれ以上使わないで下さい。

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三