MENU TEL

Blog記事一覧 > 院長ブログ > 益々「灸」が有効?

益々「灸」が有効?

2020.04.15 | Category: 院長ブログ

以前「英国医師がアフリカで結核予防に灸を」という投稿をしました。今回の新型コロナウイルスの大流行で「何か予防策は?」と世界中が右往左往している事は御存知の通り。アビガンを始め色々な薬剤が有効かもしれないとの報告が有りますけど臨床結果には数年の時間が必要とか。それまで指を咥えて待っていては感染リスクが増大する一方。かといって感染者ならまだしも安易に薬剤を手に入れることも出来ず「BCGの予防接種を頼む人が増加」してしまい本来接種するべき幼児への薬剤が足りなくなる始末だと聞きました。しかし大人がBCG接種をするのは危険との報告も有りますし、そもそもBCGの予防接種が新型コロナウイルスに有効なのかさえ不確かな情報です。だから自身で免疫力を上げる努力をしているのですが、間違った努力は逆効果を招くかもしれません。他のことなら逆効果を「失敗してしまった」と笑い話で済ますことも出来るかもしれませんけど、今回のことは生命に直結することなので軽く対処してはいけません。睡眠を十分確保することは免疫力を上げることは正しいでしょう。運動は「諸刃の剣」で日頃からやっている程度なら良いですが「過度の運動は逆に体力を失い免疫力を下げてしまう」結果になり得るので頑張り過ぎには注意を。そこで免疫力の7割を占める腸を元気にする「腸活」が注目されているのです。しかし巷には間違った腸活が溢れている事を、女性の死亡原因第1位「大腸がん」という形で何年間も突き付けられているのは何よりの証拠です。この緊急事態時に「何が正しく何が間違っているのか」と論争している暇はありません。そこで「歴史的に一応結果が出ている範囲で出来ることをやる」ことがベターと考えます。それが上述の「足三里の灸」です。他に有効な経穴も人各々違いますし、偉大な先生方の中には「そもそも足三里は陽明胃経の土穴で云々」と講釈を垂れる、失礼しました考えを持っておられる方も居られるとは思いますが、この際「自宅で自身で安易に安価で出来る」ことと、長年の東洋医学の実績と、現在のアフリカでの実績を加味すれば納得して頂けると思います(納得出来ない方はやらなければ良いだけ)。他にも有効な経穴が知りたい方は全快堂他、各地の鍼灸院をお訪ね下されば教えてくれる筈です(少なくとも全快堂は教えます)。何が効くかは研究者の先生方に任せて一般庶民の私たちは「感染しないこと」「生き残ること」をゴールに日々生活しましょう。しかし並行して終息後の生活も考えながら行動しなければ世界恐慌に匹敵する不況には対応出来ずに「経済死」してしまいます。足元を見つめながら遠くも見て歩きましょう。

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三