MENU TEL

Blog記事一覧 > 院長ブログ > ウイルスとウイルス

ウイルスとウイルス

2020.06.17 | Category: 院長ブログ

「第二波は必ずやって来る」「来るのは当たり前」と覚悟していても、いざ本当にやって来たら右往左往してしまうであろう「新型コロナウイルス」という代物。海外では怖いもの知らずなのか積極的なのか諦めなのか、はたまた政策が最初から無いのか真実は不明ですが、感染者数も死亡者数も日本とは比べものにならない多さにもかかわらず「感染症に勝った」と勝利宣言する国が出現し始めています。「お国柄」の一言で片付けて良いのだろうか?何故なら感染者は世界中に広がるに決まっているからです。スペイン風邪が流行した時代からは比べものにならない程の海外交流の多さは皮肉にも「力による世界統一」よりも「地球が一つ」ということを実感されられる結果になりました。人が入り込めない鎖国に近いような国家体制の国々で有ってもウイルスは簡単に侵入してしまう。これが「意図的に作られた」または「意図的にばらまかれたりしている」と大国が対立しているが、真実を調べるのは意外と簡単なのでは?素人は知識が無いので「そんな簡単では無いんだ!」と御叱りを受けるかもしれませんけど各国のトップの血液検査をして抗体更には特効薬等々の痕跡が表示されたら怪しいと考えるのが普通ではないだろうか。抗体は有ってもおかしく無いと考える人もいるだろうけど、ウイルスは変異を繰り返すから最新バージョンまで有ったら怪しいと理解出来るでしょう。ましてや特効薬または類似成分まで有ったら。あくまでも推測ですが今回の感染症拡大は研究していたウイルスが、ずさんな管理体制で事故が発生したと考えるのが妥当だと思います。トップが血液検査を拒否するのは怪しいけど血液成分は個人情報満載なので拒否する首脳もいることは十分理解出来ます。しかし「これで白と判明したら莫大な謝罪を要求する」との互いに納得の上で世界中に事実が公表されるとしたら果たして互いに踏み込んだ避難は出来るのだろうか。いがみ合ってる暇が有ったら協力して一日も早い特効薬作りをした方が良いと考えるのは平和ボケなのか。ウイルスと言えば今は「人体への感染症」と応えそうですが情報を混乱させる「コンピューターウイルス」も大変困りものです。今回の感染症拡大は米国の「中国に対する危険性」を世界中に知らせる為に意図的に新型コロナウイルスを広めた?と考える人も居ます。中国製品の5Gが広がれば世界中の通信をわざわざ傍受しなくても収集することは簡単。それを阻止するには「中国は危険な国」というイメージを植え付ける必要が有ります。それで米国が意図的に中国でウイルスをばらまいたとも考えられ無くもないのでは?しかし単純に中国のミスなのか?真実は闇の中です。データの収集は経済のみならず考え方や思想、行動パターンや嗜好を知ることで将来その国を動かすことや莫大な利益を得ることにもなります。中国製の5Gが本格的に広まる直前というタイミングでの疫病?世界中の人々が中国国内の管理体制と同じ状況下に意図も簡単に何の恐怖感をも与えず出来る直前に広まった新型コロナウイルス感染症。しかしそれが事実だとしたら覇権争いの為に尊い命を犠牲にしたのか。その真実は各国の諜報活動のレベルの差に委ねられるのかな?

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三