MENU TEL

Blog記事一覧 > 院長ブログ > 最悪のシナリオ

最悪のシナリオ

2021.02.02 | Category: 院長ブログ

新型コロナウイルスのワクチン注射が迫っています。医療従事者から接種が始まり予定では高齢者と順々に行われるという計画です。しかし予定は未定と言われている通りで一抹の不安が有ります。何か問題が有った場合、多くの医療従事者が倒れることになるからです。また若者よりも身体が比較的弱い筈の高齢者が実験台のモルモットにされる?ように感じてしまうんですけど。大事な人が倒れたり効果の有る無しを接種者の状況を見てからゆっくり判断出来る64歳以下の人々は、酷い表現をすれば医療従事者を除き「働き盛りの人々は役に立つから倒れられては困る。非生産性の高齢者の生命を使ってワクチンの有用性を十分見てから労働者に接種する」という『生命の選択』なのでは?と思えてしまいます。確かに高齢者が罹患すれば若者よりは遥かに生命の危機が大きいことは十分理解しています。しかし安全か危険か分からないワクチン接種を高齢者が先というのは大きな博打に思えてなりません。だからと言って代替案が有る訳ではありません。せめて欧米人よりアジア人、生活苦習慣の近い人々の接種後状況調査を知らせて「接種するか止めるか」の判断材料にさせて欲しいと思います。

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三