MENU TEL

Blog記事一覧 > 院長ブログ > 看護師の能力

看護師の能力

2021.02.14 | Category: 院長ブログ

コロナ禍の現在を数年前の医療現場は、これ程混乱し逼迫し疲弊するとは誰も考え無かったと思います。「認定看護師は皮膚・排泄ケア、緩和ケアなどの特定の分野で熟練した看護技術が有ると日本看護協会が認定。実施できる行為は一般の看護師と同じで水準の高い看護を提供し一般の看護師を指導する。5年以上の実務経験と6ヶ月の研修が必要。いわゆる『特定看護師』は医師の大まかな指示が有れば医療行為の一部を自分で判断し実施できる。認定看護師とは方向性が大きく異なるため反発も大きい。(中日新聞2012年3月20日より)」という記事が有りました。当時は高齢者の介護現場が増えて常駐していない医師に代わり看護師が医療行為を行う『特定看護師』の導入をめぐり現場が大揺れしていました。そして2015年10月に厚労相が施行した訳ですが医師も看護師も足りないコロナ禍では2025年に向けて更なる医療改革が必要となることでしょう。現時点の問題解決は勿論必要ですが問題が発生してからの対処では後手に回るしかありません。現在のコロナウイルスも対応しつつ新たなウイルスや疾患、同時多発テロや大規模な自然災害時の対処もお願いしたいです。めでたしめでたしって普通なら終わるかもしれませんけど全快堂の投稿は甘くないんです!一刻も早く多くの人々にワクチン接種しなければならないことは感染者を増やさない為とワクチンが無効になってしまう理由からです。それには多くの医療従事者が患者に対して接種する必要があるのですが海外では医師だけで無く看護師・薬学生・研修を受けたボランティア迄も一般人に対して接種しているそうです。それなのに日本では一部の医師たちが「医師のみが接種するべき」と主張しています。そうなればワクチン接種が物理的に遅れるし携わる医師の疲労は現状でも多大なものなのに更に強いることになるのです。これは新型コロナウイルス感染者を受け入れ拒否をしていた一部の医師たちが「私たちも多大な貢献をしている」「医師に感謝しろよ」というアピールなのかという疑念さえ感じます。しかし言論武装する側は「何か問題が起きたら」「看護師は疲れているから仕事を増やすな」等々もっともらしい意見を陳述する。アホか?ワクチンが有効か分からないけど現段階では唯一の方法がワクチン接種なのに、ワクチンが届いても早急に打てないのはマンパワー不足が原因なんて。ここまで来て既得権益かよっ!看護師の能力を馬鹿にするな!1型糖尿病の患者なら小学生だって自分で注射しているんだよ。人命か?金か?名誉か?非常事態にアホな主張しているんじゃないよ!(すいません取り乱しました)と、私は考えます。お医者様の主張もごもっともとは思いますが今は、今だけは考え直して下さいませ。

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三