MENU TEL

Blog記事一覧 > 院長ブログ > 微妙な境界線

微妙な境界線

2021.04.01 | Category: 院長ブログ

身体の一部とそれ以外、体内と体外って考えたこと有りますか?以前「髪の毛」のことを投稿しました。髪の毛って綺麗にしようとシャンプーしているのに落ちて排水口に溜まったら汚く感じませんか?もっと極端に云えば抜け毛は既にゴミ感覚です。身体に纏わり付いたりタイルに落ちたら汚く感じませんか?さっきまで身体の一部たったのに。唾液も唾になった瞬間から、皮膚も剥がれ垢(あか)になった瞬間から。究極は(注意:お食事中の人は読まないで!)大便です。体内に入っている時は感じないのに肛門から出た瞬間から『汚ない!臭い!』ということになります。それなら出かかっている先と体内に残っている部分の境界線は?ここまで来ると「M-1」のネタになりそうですが。ここからが本題です(前置き長~っ)。そんな産業廃棄物を長期間体内に保持している状態の「便秘」を身体だって一刻も早く出したいんです。だから正当な道が閉ざされたら抜け道を探すのが当然。それが汗であり毛細血管から滲み出る体臭なんです。ニンニクを食べると体臭まで変わると言われていますが便秘も同じなんです。便秘の人は肌が荒れています。原因は排便成分が肌に着くので「オムツ被れ」と同じ状態になるからです。ゴミを長期間家に置けば、まだ浄化槽の全快堂のように室内が臭います(悲しい)。正当な道から一刻も早く産業廃棄物(便)を出して下さい。

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三