MENU TEL

Blog記事一覧 > 院長ブログ > 高級食パン

高級食パン

2022.02.10 | Category: 院長ブログ

高級食パンが流行って随分時が過ぎました。日本人のパン好きは米国の思惑通りに定着しました。更に朝食に限ってみるとパン食の多さには驚きます。だから身体を触って「小麦を減らしたら?」と初めての患者様に言おうものなら凄い勢いで「何でパンが駄目なんですか!」と怒る人もいます。「勿論駄目では有りません。あくまでも提案ですよ」と伝えても大好きな小麦は現代の日本人にとっては絶対に守死しなければならない領域のようです。どうやら新しい患者様の地雷を踏んでしまったようです。しかしパンだけでは無くてスパゲッティー、うどん、スウィーツ、スナック菓子等々と凄い量の小麦を日本国民は消費しています。雑草を除去したり害虫から守って成長させる農薬と不妊やアトピーや花粉症を始めとするアレルギーとの因果関係を記述し始めると長くなりますので今回は止めておきます。しかし皆さんが長蛇の列に並んで得意気に「高級食パンは、モチモチでしっとり、フワフワで美味しい値段だけのことは有りますよ」と笑顔なのに「美味しいのは当たり前ですよ。通常の食パンよりも糖分と油を入れ過ぎくらい入れてモチモチフワフワにしてありますから」と言ったら気分を害するのは必至。確かに全ての高級食パンが糖分と油の過多とは言いませんが見極めが大事なことは確かです。企業の『企』は「くわだ(てる)」と読めますから数多くの企業の中には「『安ければ喜ばれ』『美味しければ喜ばれる」』のが企業の使命で、私たち企業も儲かるwin-winが一番です」と胸を張っているかもしれませんけど忘れてならないのは『安全性を蔑ろ(ないがしろ)にしない』ということ意識して頂きたい。「蔑ろ」は軽蔑(けいべつ)の文字です。本当に良い裏表の無い企業の商品を購入することをお勧めします。

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三