MENU TEL

Blog記事一覧 > 院長ブログ > 男と女の話 1

男と女の話 1

2016.04.26 | Category: 院長ブログ

この話題に触れるのは危険と思いましたが禁断の内容に触れる事にしました。理由は数多く来院される患者様の根本原因に男女の考え方の違い、肉体の違い、自律神経を介したホルモンが関わっている事例等が多いから。コレは単に男性が女性を知らず、逆もまた然りです。そこでお互いを知ってもらう参考書にでも成れればと投稿を決意した訳です。しかし説明の仕方を間違えれば『ただのエロ話』と受け取られるとも限りません。また内容は当たり前ですが『あくまでも』私個人の見解ですので参考程度にして下さい。男と女の関係は精神的と肉体的が有りますけど1は肉体的な話題で、この話題が不評の場合は2、3が無いので御了承下さい。ではパンドラの箱を開けましょう。男尊女卑は現代ではナンセンスですがヒトの祖先が四足だった時の話なので立腹されずに。突然ですが男性に質問です。「貴方は『オッパイ星人』ですか?『ヒップ星人』ですか?」女性のどちらに魅力を感じますか?という質問です。上半身の方は現代タイプで下半身の方は太古のタイプです。犬や猿を見れば分かりますがメスが子供を産めるサインはちょうど目の高さに現れます。それを見てオスは発情します。しかし二本足で立ち上がったヒトは女性のサインが目の高さに無くなってしまいました。そこで神様が居るのか進化の過程なのかセックスアピールの為に胸にボリュームを付けたと考えられます。犬でも猿でも猫でも胸の膨らみが無くても授乳出来ますし授乳期間中だけ膨らめば良いのに女性の胸は常に膨らんでいます。また産めるサインの赤くなる色は唇の血色に現れます。だから男性に比べて女性の唇は魅力的と言われるのです。それを知ってか知らずか更に女性は魅力的になる為にブラジャーで胸を補強したり補整下着で完全体を作り上げているのです。また唇には更にリップを塗りアピールするのです。真っ赤なリップは妖艶に見え唇が紫色だと病気や虚弱体質に見え『子孫繁栄』は難しいと判断するのは本能的なものなのです。と今日はここまで。2、3と続くかは?

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三