MENU TEL

ワカコ酒

2016.05.20 | Category: 院長ブログ

『ぷしゅーっ』でお馴染みって知らないかなぁ?めちゃ好きなドラマが有ります。『ワカコ酒』です。月刊誌(WEBでも読める)で連載されている漫画を実写化したドラマですが、たぶん画を見れば『あっこの画知ってる』というかも。言うなれば『孤高のグルメ』の酒呑み版って感じで、孤高と同じように番組終了後にお店の紹介もします。視るとなんかホッコリするドラマですが漫画を知ってると実写化には抵抗が有る人も多いですが私は漫画、実写のどちらも好きですね。さて昔の医は『醫』でした。下段には『酉(とり)』じゃ無くて『酒』を意味した文字が入っています。昔から「百薬の長」と言われるように少量なら、血行が良くなり陽気になりリラックスして痛みを軽減させて薬よりも酒の方が効果が有る(私が言ったのでは有りませんが医者より酒の方が効果が有るという考え方も有るとか。再度『決して私の考えではありません』ので)と。私の解釈ですが『ぷしゅー』は漫画では心の声で実際には聞こえませんがドラマではワカコが台詞として言っています(賛否両論)。これは息を吐く=副交感神経優位になる=リラックス状態=ホッコリの表現だと思っています。アルコールは体内で二段階分解して水(無毒化)となって排泄されるのが理想的ですが日本人の8割が遺伝子の関係上、一段階しか分解出来ません。この分解途中の物質が発ガン性の有る猛毒『アセトアルデヒド』で顔を赤くする原因です。だから顔が赤くなる人は(俺だよ)飲酒はほどほどに(分かってるって、でもそれが出来たら苦労はしないよ=これが心の声)。イライラした時に『ぷしゅー』って言うのは大変良い事です。さて今日も呑みたいので本日は終了、ぷしゅー(電車の扉が閉まる音じゃないよ)。

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三