MENU TEL

延命治療

2016.06.28 | Category: 院長ブログ

昨日NHKの『あさイチ』を視て分かった事が有りました。本人は『延命治療して欲しくない』しかし家族は『延命治療をして欲しい』という意見が圧倒的に思えました。家族の意見は『自分が殺したように思える』との事でしたが共通した見解で、本人でないうちは『少しでも長く生かしたい』と考えているのが、いざ本人になると『家族に迷惑かけたくないので延命治療はして欲しくない』との事でした。やはり立場が違えば考えが違うのですね。しかし私はイノッチが言った言葉に『はっ』としました。『延命治療に無関係に「死」が有るのに、その悲しさを延命治療の判断のせいにしている』という様な内容を話されていました。私は父に胃ろうをさせました。実は医師でなく私自身が父の身体を診て提案しました。話も普通にして歩行もしていましたが誤嚥しやすかったので提案しました。勿論がんでも無く寿命が迫って来ていたので『ピンピンコロリ』と自然に逝かせたかった為です。皆様の中には胃ろう=延命治療と考えている人がいますが、それは違います。ピンピンコロリと逝くのには死ぬ体力が必要なんです。父は3ヶ月後に変な言い方ですが直前まで元気で笑顔で「少し眠るわ」と言って亡くなりました。私は3日前に家族と親戚一同に声を掛けて集まってもらい楽しい時間を過ごしていました。だから全く後悔していません。誤嚥が多くなって一時的に胃ろうにして体力を回復させて再び普通に口から食べれるようになる人も多くいます。ただし胃ろうを考えた医師は日本人ですが様々な症例を診て悩んだ挙げ句『胃ろうはするべきではない』という結論に達しました。付け加えるなら『延命の為の胃ろうは行うべきではない』と思います。

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三