MENU TEL

Blog記事一覧 > 院長ブログ > 国民的テレビ

国民的テレビ

2016.08.28 | Category: 院長ブログ

毎年、国民的テレビが放映されて多額の寄付が全国から寄せられて素晴らしい事だと思います。私も寄付してきました。しかし最近この企画に対しての書き込みを読んで少し疑問が湧いてきました。お笑い界の某大御所が過去に出演を数千万円で依頼されて条件付き承諾しようとしました。その条件とは『出演料の全額寄付』でした。しかし『それは出来ません』との回答。そもそもこの番組は米国のスタイルの導入で本家はノーギャラが基本らしいです(あくまでも聞いた話で私が事実確認したのでは有りません)。結果として大御所は出演拒否になったらしいです。大御所の考え方も理解出来ます。でも大御所が全額寄付したら他の演者も貰う訳にはいきません。難しい問題ですよね。世間に対して寄付を呼び掛けている一方で自分は利益が発生する。でも『演者や企画が無ければ1円の寄付も発生しない』『番組や演者は寄付が発生するキッカケ作りと労働の対価として利益発生は当然』『とりあえずギャラを貰って改めて寄付すれば良かった』と某患者様が話していて『なるほど』と思いました。根本的に寄付、ボランティアはキリスト教の『自己犠牲』の延長で海外から入ってきて日本には無かったのを、この番組は取り入れたのだから素晴らしい。日本人の考え方には未だに寄付の理念が乏しい。常に『少しでも子や孫に残してやりたい』と相続ばかり。でも米国は退職したら『私達は良い人生を送る事が出来たから次世代の若者の人生に役立てて下さい』と、残りの人生に必要になる程度の金額を残して全額寄付が当たり前。果たして本当の寄付、ボランティアが日本に根付くのでしょうか?日本では今世紀中には無理と思います(オリンピックでの陸上競技のメダル獲得も同じように言われていましたが……)。最後に批判も多かったですけど日本財団を創った『笹川』氏は凄いと思います(偉人笹川氏についてはご自分で調べて下さい なんだそりゃ)。

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三