MENU TEL

Blog記事一覧 > 院長ブログ > 息の吐き方

息の吐き方

2016.09.30 | Category: 院長ブログ

『無くて七癖』と言われますが癖とは、どちらかと言うとマイナスイメージ。その中でも『貧乏揺すり』は癖というマイナスに更に貧乏というマイナスという『究極の負の癖』を最近は『貧乏揺すり』が下肢の血流改善に効果が有ると発表されて肯定的な見方をされています。貧乏揺すりをすると『脚が細くなる』との情報も有り試す若い女性が増えています。話しは変わって、クシャミをすると『ハクション・ドッコイ』という人にまた会いました。驚いたのは一回でも笑えるのに『ハクションドッコイ、ハクションドッコイ』とクシャミをする度に言っているのです。マジかよって感じ。他には『ヨッコイ・ショウイチ』という若い女性。『それ止めた方がいいよ』というと『みんなから言われるけどテレビのマネしてたら癖になって困ってます』と。でも体勢を変えたり無理な姿勢をする時には声を出しながら行うとギックリ腰の予防になります。これは腹圧が高まるのと『短い息を一瞬に吐いた方が、息を止めるよりも力が発揮される』また脳と身体に動きを認識させるのに最適なのです。ヒトは無意識に自己防衛しているんですね。しかし息を吐く行為は面白いです。息を一瞬で吐く場合は交感神経が興奮して力を発揮出来ますし(ボクサーのパンチ)、息を長くゆっくり吐くと副交感神経が優位になって心拍はゆっくり、血管が広がり血圧低下してリラックス出来るようになります。呼吸は大事なのに無意識な人が多いですよね。落ち着きたい時は是非やって下さい。最後に少しコジツケだけど断捨離が流行りましたよね。手離す事は身を軽くして家が綺麗になり時間が有効活用出来る大事な事と。手だって手離せば新しい物を掴めるけど握っていたら次は掴めない。やはり吐き出す事は大事な事。皆様は変な癖は有りますか?

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三