MENU TEL

Blog記事一覧 > 院長ブログ > 階段駆け上がる

階段駆け上がる

2016.12.28 | Category: 院長ブログ

私は月火曜と地下鉄を新瑞橋で乗り換えます。階段数は76段で乗り継ぎの関係上、かなり重い荷物を背負って一段飛ばしで毎回一気に駆け上がります。その際に階段には爪先から土踏まずだけ着地して踵部分は浮かした状態で上がって行きます。何故そうするのか?答えは『楽だから』です。足関節の底屈(足関節を足裏方向に動かす)の力を発揮する時は、少し背屈(足指を脛(スネ)方向に動かす)の時に最大の力が発揮出来るので、階段を昇って来る場合には上半身が少し前傾した体重が加わると、その「やや背屈ぎみの状態で」着地する為に好都合になるのです。皆さんも階段は歩いて昇るよりも少し小走りで(出来れば一段飛ばしで)階段を駆け上がる方が楽ですから試してみて下さい。同時に最も大切な下半身の筋トレ(腸腰筋、大腿四頭筋、ハムストリング、下腿三頭筋、臀筋群等)になりますから暴飲暴食で不規則な生活になりがちにな年末年始に是非挑戦して下さい。ただし転倒注意!

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三