MENU TEL

Blog記事一覧 > 院長ブログ > アパホテル

アパホテル

2017.01.25 | Category: 院長ブログ

今回の内容は賛否両論有ると思いますし間違っているかも知れません。しかし私が知る範囲で投稿させて頂きます。『アパホテルに置いて有るという本』についての内容です。高須院長のように直ぐに行って泊まって問題の本を読んでブログ投稿出来れば真実や自身が感じた事を投稿出来ますけど私には到底不可能です。しかし現在の日本に於て異なった報道機関が異なった情報源から引っ張ってきた内容なら某国よりは信憑性が有ると思います。南京大虐殺に関して書いてある本をアパホテルが置いて、その内容が虐殺に否定的だそうです。先ず大虐殺の有無を論じる以前に自分達の主義主張や要求が通らないとサイバー攻撃をするのは、まるで幼子が欲しい物を買ってもらえず泣き喚いているのと変わり無い愚かな行為と同じで賛成出来ないです。何でも数や力、金や権力でのゴリ押しは見ていて気持ちのいいものではありません。貧乏人の僻みでしょうか?そもそも従軍慰安婦問題も南京大虐殺も日本人が言い出した(少なくとも従軍慰安婦問題は朝日新聞)という説が有ります。南京大虐殺は新聞に欧米特派員が書いた小さな記事に『南京で殺害事件が有った模様』と掲載され確かに日本軍により殺された中国人はいたらしいが中国自体が混乱期で国民党と共産党の内乱の犠牲者も全て日本軍の仕業とされたとも聞きました。しかしコレこそ真実は確めようがありません。また犠牲者数も年々増え30万人になっていますが南京の人口が当事20万人という事を考えると私は信じられません。そして南京大虐殺の悲惨さを紹介する展示写真が合成や明らかに違うただ悲惨な写真等を展示して有る時点で信憑性が疑われます。また初期に行った人の話によると展示資料に記載されていた死亡者数が資料によって異なっていて現在に至る迄、ずっと増え続け現在の30万人に統一されたらしいです。ただ日本軍が人数は定かではありませんが大陸に於て多大な御迷惑をお掛けした事は事実です。それは日本人は知らなければなりません。だから日本人は二度と世界に迷惑を掛けてはいけないと反省しているのです。過去は取り戻せませんから。しかし中国も韓国も日本が他国の事を騒がない事をいい事に発言、行動がエスカレートしています。日本人は自分が悪い事を棚に上げて他人の悪口を言う事は良くないと考えます。でも世界的には主張するべき事はしっかり主張しないと認めた事になります。政府の方針には賛成出来ない点が多々有りますけど今回の韓国駐日大使の対応は意思をハッキリさせない日本人としては珍しく私は支持します。最後に韓国はベトナム戦争に於て多数の韓国とベトナムのハーフを誕生させています。ベトナムに現在も数多く生活していますから、これ程ハッキリした証拠は有りませんよね。また現在の韓国軍事基地の周辺には風俗の店が多数有ると聞きます(事実で無ければスイマセン)。また中国は現在もチベットで行っている行為は如何なものか考えさせられます。最近の世界は他国を打ち負かす傾向に有ります。だからこそ各々の国が反省して少しでも仲良くする未来思考にするべきではないでしょうか。久々に熱くなってしまって長文スイマセン。P.S.アパホテルに中国の旅行客が泊まらないから、ゆったり泊まれるとビジネスマンや台湾の方々が喜んでいるそうです。捨てる神あれば拾う神ありってか?

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三