MENU TEL

Blog記事一覧 > 院長ブログ > 変わる機会?

変わる機会?

2019.05.08 | Category: 院長ブログ

連日「高齢者事故」が話題になってますが残念な事です。「老いへの道」は、誰もが必ず行く道ですから真剣に考えなくてはいけません。「完全な自動運転」は20年必要との見解も有りますから「何歳から危険」との明確な線引きは有りませんけど現在50代がギリギリかもしれません。20年間「ボーッと生きている」とチコちゃんに叱られますから自分たちで努力しなければ。寝たきりの三大原因は脳卒中、認知症、足腰の衰え(骨折、筋力低下)は御存知の通りですから脳卒中には食生活の改善、認知症には良い睡眠、足腰の衰えには運動ですけど「分かっているよ!」と、お叱りの声が聞こえて来そうですが残念ながら間違った知識や理解、行動や運動をして「全くの無駄」になっている人がいます。昔よく祖父母から「姿勢が悪い」「歩き方が悪い」と口煩く言われた経験は有りませんか?今になって「ああ素直に聞いておけば良かったのに」と後悔しています。正しい姿勢は正しい関節運動に繋がり易く故障を最小限にしてくれます。また日頃から正しい姿勢が身に付けば筋肉が正しい姿勢を自然に保持してくれる為に疲れません。武道をやってる人は、高齢者でも姿勢が良くて故障が少なく、見た目に格好良い人が多く感じます。人の身体は2千年前でも3千年前でも5千年前でも変わっていません。5千年前の人類には羽が生えていたり腕が1本多かったりはしません。なのに現代人の生活スタイルは文明の発達、電気の出現で座りっぱなしの仕事をして、移動時には歩数は最小限。深夜迄寝ないで昼夜逆転と食生活の激変は「環境は変われど人間は変わらず」という誰しもが分かっている状況に。同時に医学も発達した為に精神的な病や不自然な「死に方」が増えて人類を更に苦しめています。不自然な死に方とは以前書いた「死の直前迄の過剰な点滴等」による溺死とも思える浮腫んだ(むくんだ)重い遺体、コンビニや冷凍食品やインスタント等の添加物や防腐剤まみれの詰まった「腐り難い遺体」です。休み明け早々に重い話になりましたけど早い話が「出来る範囲で自然に帰ろう」という事。夜になったら仕事を止めて早く寝ればブラックも過労死も睡眠不足も減り精神的な病も減ります。自身の足で歩けば無理なダイエットせず健康に。間違えないで欲しいのは「極端」にしないで下さい。各々の事情も有りますから徐々にです。新しい元号です。あなたも変わりませんか?

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三