MENU TEL

Blog記事一覧 > 院長ブログ > 豚肉と昆布

豚肉と昆布

2015.12.18 | Category: 院長ブログ

沖縄は長寿県として有名でしたが最近のデータは激変しています。47都道府県の後ろから数えた方が早い迄に落ちてしまいました。何故か?それは『食の欧米化』が日本の中で一番早く入ったのと皮肉にも昔から豚肉を食べる文化が有ったため、抵抗無く肉食が沖縄の家庭に入り込んでしまった事が理由です。鶏肉のファストフードの浸透は凄まじく何かにつけて鶏肉を伝統料理のように食べています。牛肉もステーキとハンバーガーとなって沖縄を侵略してしまいました。若者達は豚肉と昆布という最高の組み合わせ料理を消費する事を忘れたかのように欧米食を食べました。だから現在の結果が有るのです。豚肉からタンパク質を摂る事は理想的です。とはいえ肉食ですから一刻も早く体外へ排泄したいので昆布の食物繊維が最高なのです。豚は人間の遺伝子に近く鳥インフルエンザが直接ヒトに移りにくいですが鳥から豚に感染するとヒトには非常に感染しやすくなります。それほど吸収しやすい最高のタンパク質を牛肉にして、また日本全体が昆布を含む日本人の長い腸には不可欠の食物繊維の消費をしなくなってしまいました。米国のサプリメントがネットワークビジネスとして日本に入って来たので話しを聞きに行って失望した事が有ります。『この商品はセレンが入っていてがんの抑制作用が期待出来ます』そこで質問しました。『米国人は海藻を食べる文化が有りませんからセレンが必要なのは理解出来ますが日本人は海藻を食べるので必要ないんじゃないですかか』と尋ねると嫌な顔をされました。暫くすると他の人から退室を命じられましたか。現在の日本人には皮肉にもセレンが必要なのかな。それはさておき全快堂の患者様だけは和食中心(食物繊維も)で牛肉、豚肉、鶏肉も少量食べて運動をして十分な睡眠と少しの笑いを大事にして時間が有ったら全快堂にも来て下さい。これでバッチリ。不況だからこそ早めの予防で重病回避して寝たきりにならない。高齢になって急に予防出来ないのは『アリtoキリギリス』が教えてますよね。

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三