MENU TEL

Blog記事一覧 > 院長ブログ > 旭日旗問題

旭日旗問題

2019.09.08 | Category: 院長ブログ

何度も日韓関係の投稿は最後と伝えてきましたけど一向に改善の兆しが見えないので再び。ずっと「仲良くしよう」「日本が過去に行った蛮行が有った事は事実」しかし「国交正常化交渉締結」「慰安婦財団設立」「日本政府の謝罪」等々で決着かと思えば次々と韓国からの不満が噴出して悪化の一途を辿って終息の見えない日韓関係。今は旭日旗について韓国が文句を言っています。東京オリンピックに絡めて「持ち込み、メダルのデザイン」について訴えているのはご存知の通り。「旭日旗とは本来何か」と論じたいですが、長文になるのと平行線のままだろうから今回投稿しません。一つだけ言いたいのは「論点をすり替えるな、旭日旗とハーケンクロイツと一緒にするな」という事だけは訴えます。日本軍とナチスドイツは同じと印象付けようとする手段は冷静に考えれば可笑しな話です。しかし浅はかに物事を深く考えない人は、ナチスドイツがやった事も日本軍がやった事かのように考えてしまう恐れが有ります。それを狙っての主張は到底受け入れ難いものです。しかし今回訴えたいのは韓国の得意な御都合主義です。少しでも旭日旗を連想するようなデザインには文句を言い捲ります。今回のパラリンピックのメダルデザインが「扇」なのに旭日旗を連想すると。これでは「タラバガニの足」も訴えたい事でしょう。しかし完全な日の出のデザインで有る『朝日新聞』には全く文句を言わないのは何故なのか!?簡単な理由です。「朝日新聞が韓国に有利な掲載をするから」です。慰安婦問題も韓国では皆無に等しかった時期に記事にした事は韓国にとっては追い風でした。その息子さんが「事実無根でした」と謝罪をしても「時既に遅し」で一度話題になれば本体より遥かに大きな尾ひれを加速度的に付けたいくのは得意なようです。無い物も有る物に替える。韓国の言葉に「嘘でも言い続ける、大きな声で訴え続けた方が誠になる」というのが有るそうです。例えば今でも炭鉱で働いていた痩せ細った日本人の写真を「無理やり徴用され過酷な労働を強いられた人々」と徴用工問題を取り上げた教科書に載せていて、とっくに韓国も間違いと認めているのに平気で掲載を続ける始末。掲載を止めないのは「此方の判断で掲載を止める」という得意の「ゴールポスト」を好きなように動かしてしまう判断なのか。他には当時悪逆非道の数々を繰り返した山賊を捉えて斬首した写真を、あたかも日本軍がやった非道伝えている写真も有ります。元の写真には事実が書かれているのに意図的に書き換えて平気で掲載する行為はジャーナリストでは無くて詐欺師です。「反日は政治によって作り上げられた」と言われている事に納得します。本題に戻って旭日旗を連想させる物は全て排除する勢いなのに韓国に有利な掲載の多い『朝日新聞』は良いという基準ブレブレの正に御都合主義。法治国家らしいけど最高裁の判決基準までもが有利な方向に動いてしまうブレブレ事に納得出来ます。そんな隣国と理解して交渉すれば「カッ」とならずに冷静に交渉を進めれる筈です。おば様達が夢中な(実は私も大好きですが)韓流ドラマには清廉潔白な主人公に対して卑怯な手段を使って陥れる悪役が必ず居ます。書き換えられる歴史や、わざと悪くさせようと日韓関係は悪化すれば何らかの利益が発生する人々によって作られているように思えます。日本なのか韓国なのか香港から目を反らせたい中国なのか、北朝鮮なのか露国なのか、それとも武器商人なのか?真実は私には分かりませんけどフェイクニュースで情報操作から思考に働きかけられて主義主張迄も簡単に書き換えられる世の中。U18の日韓野球で頭部にデッドボールを当ててしまった日本人投手が直ぐ帽子を取って一礼して謝罪したのに対して、一塁上で韓国選手がヘルメットを取って一礼で返した純粋な彼らに大人達は学ぶべきです。一部の利益獲得者に踊らされずに韓国と仲良くしましょう。最後に『朝日新聞』は良い新聞ですから偏見を持たないで下さいね。

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三