MENU TEL

Blog記事一覧 > 院長ブログ > 安全な資産とは

安全な資産とは

2020.02.08 | Category: 院長ブログ

まず最初に「また新しい命が誕生しました!母子共に元気です。おめでとうございます!」本当に嬉しい事です。暗いニュースばかりですから救われた気持ちがいっぱいです、ありがとうございます!
 では本題に。財産は沢山有れば嬉しいと思いますけど沢山有れば心配も増えるかも。そう簡単には財産が増え無いなると最近は、カラーコピー機の発達で高校生もやってしまう事件が有った「偽札作り?」をしたいけど日本の札は優秀だから即逮捕。それでも偽札作りは手っ取り早い「最高の夢」なのかもしれません。何でも買える、国の信用までも。某国の偽札作りが精巧で機械をも騙すと聞いた事が有ります。他の某国は経済がガタガタと成り「国が破綻寸前」だからテコ入れしないとヤバい。この両国が手を組んだら?ただし作る偽札は、世界中で信用の有る「ドル紙幣」に限ります。当初「偽札の防止策としても電子マネーは有効」と言われたんですが本当でしょうか?フィッシング詐欺でデータだけで無く「電子マネー」もごっそりと。電車内でスマホデータと電子マネーも全て盗れるとのこと。確かにスマホ同士が近くに有れば情報を抜き取る事が出来る=電子マネーも簡単にゲット出来る。そうなると何が安全か考えると「やっぱり金かな?」となり金相場が上昇中なのか。「いやいや私は古い人間ですし銀行に預けても金利より手数料のかかる時代だから現金を手元に置いておくのが一番」と手元に有れば強盗や火事が心配。免れたとしても何れ「新札」に代われば旧札は銀行に行かなければ駄目だから脱税して「ほくそ笑んでいる」人々は焦る。そう考えて不動産とマンションに手を出す人も居ますが、古くなった場合に分譲マンションだと一人の反対で資産価値が下がる場合もあるとか。何が安全な資産か考える必要が無い、借金だけの私ですから気楽なもん。結局は小話のように頭に入れた学問は誰が来ても盗られないと必死になって勉強して技術を習得して安心したら認知症に成ったりして「チクショー!」って事には成りたくないです。あまり遠くを見ずに地道に足元をよく見て転ばずに、欲を掻かず暮らす事が凡人の私にはお似合いのようです。お後が宜しいようで。

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三