MENU TEL

Blog記事一覧 > 院長ブログ > 残る対策は

残る対策は

2020.03.27 | Category: 院長ブログ

手洗いをして、腸活して、換気して、軽い運動をして、効果が薄くてもマスクして、うがいして、人混みを避けても感染する時は感染します。非科学的ですが残るは「運」です。でも本当は出来る事はまだまだ有ります。血流を良くする、自律神経を整える治療をすることです。それは『全快堂』なんて言いません。御自身に合った治療院を探せば良いのです。「治療院に行くのは嫌だなぁ」という人は、せめて『足三里』にだけでも自分で灸をして下さい。そして残るは「笑い」です。これは非科学的では無く、笑うことにより「ナチュラルキラー細胞(NK細胞)」が活性化して「がん細胞」さえも抑制させると報告されています。そして「糖分摂取を控える」のです。私が言いたいのは『糖質制限』ではありません。ストレートに「果物を含めて甘い食べ物を控える」行動を。果物はビタミンやミネラルや食物繊維が豊富ですから適量なら大変結構な食材です。しかしながら個人差は有るものの平均的に「日本人は果物を食べ過ぎる」傾向に有るので「控える」くらいで適量と考えます。全快堂の患者様には一人一人に適量を伝えて有りますので分かっていると思います。そして一日も早く「禁煙」することです。不幸にも感染してしまった「志村けん」氏は1日60本の喫煙習慣が有ったと聞きました。恥ずかしながら私も昔は喫煙習慣が有りました。少し前になりますけど飲み会の席で隣の方が喫煙していたので何度も心の中で「一本下さい」と言いそうになり「駄目だ、その一本で今までの苦労が台無しだ!」と思い留まりまった事が有りました。今回の新型コロナウイルスの感染は下部の呼吸器に発症しますから禁煙者、または禁煙習慣が有った人が感染し易いと報告されています。当然「受動喫煙」も例外ではありませんから喫煙者には耳が痛い話ではありますが「一日も早い禁煙を」決意した下さい。何度も繰り返しているように健康はジグソーパズルのピースと同じで小さなことの積み重ねで出来上がるものです。「そんなこと」の集まりが大切です。初期の投稿ですが鏡に自分の顔を映して思いっきり作り笑いをしましょう。脳は勘違いして本当に笑っていると思いβエンドルフィンやセロトニン等の放出をして本当に楽しくなります。それは高価な薬剤投与よりも効果が有りますから。P.S.もしかすると『アニマル浜口』氏の「気合いだぁ~っ!」も効果が有るかもしれません。

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三